戦国武将も愛用した日本刀の産地、岐阜県関市で「刃物まつり」開催

写真拡大

「刀剣の都」として知られる岐阜県関市で「刃物まつり」が開催される。

開催日は10月13日(土)、14日(日)の2日間。

刃物まつりは、鎌倉時代に関で刀鍛冶を始めた「元重」をしのび、また刃物の町、関の発展を祈るために行われる。

開催場所は3カ所。

メイン会場の本町通り・千年町通りでは、市内の45の刃物屋が出店する「刃物大廉売市」、「関市観光物産展」、さらに特設ステージで各種イベントが行われる。

関鍛冶伝承館では「古式日本刀鍛錬一般公開」、「刀剣研磨外装技術一般公開」、「刀剣展」が開催。

アピセ・関では「関アウトドアズナイフショー2012」が行われる。

そのほか、刃物会館、フェザーミュージアム周辺でも居合道や包丁研ぎコーナーなどさまざまなイベントが用意される。

「関うな丼」「関あゆ丼」「関からあげ」など、関のグルメや特産品も楽しむことができる。

関の刃物は良質の焼刃土と炉に使う松炭、さらに長良川、津保川の水によって支えられている。

鎌倉時代に「元重」が刀鍛冶を始めて以後、室町時代には刀鍛冶は300人を超え、折れず、曲がらず、よく切れると評判だったと伝えられている。

関の刀鍛冶で特に有名なのは「関の孫六」(2代目兼元)だ。

豊臣秀吉や武田信玄、前田利政、青木一重も愛用したと言われている。

青木一重は姉川の戦い、三方ヶ原の戦い、山崎の戦い、賤ヶ岳(しずがたけ)の戦いなどの戦国時代の主要な戦いに参加した武将。

青木一重所有の名刀は「青木兼元」と呼ばれ、孫六の最高傑作。

現在は国の重要美術品に認定されている。

その他、関市の観光スポットは、関刀鍛冶の守護神が祭られ、国重要文化財の能装束や県重要文化財の能面などが残されている「春日神社」、織田信長建立の「下馬標」や信長、信忠、信孝の「安堵状」が残る「武芸八幡宮」などがある。