韓国のキム・ソンファン外交通商部長官が28日、初めて国連総会の一般討論演説を通じて戦時の女性に対する性暴力問題を言及したことに続き、3日から開かれる国連第3委員会でも、韓国政府は日本軍慰安婦問題を直接取り上げ、日本政府の責任ある姿勢を促す方針であることを明らかにした。複数の韓国メディアが1日、報じた。  韓国メディアは、「政府、国連で日本への圧迫をより高める」などと題し、韓国政府が国連の第3委員会で慰安婦問題解決のために、対日本圧力を高めていくと伝えた。

 キム長官は28日の国連での一般討論演説で「武力紛争下における女性への性的暴行の根絶」「戦時の性暴力」といった表現を使い、日本軍の慰安婦問題を暗に示し、被害者の救済や賠償、加害者への処罰などを要求した。外交的慣例を考慮して「日本」と「慰安婦」という言葉を使わなかったが、誰が見ても日本の慰安婦問題に対する「反省」「責任ある措置」を求めたことは明らかだと説明。

 第3委員会ではさらに一歩進んで、「日本」と「慰安婦」という言葉を使い、慰安婦問題はすでに解決され法的責任がないという日本側の主張の不当性を指摘し、日本政府の法的責任も本格的に提起する予定。外交部当局者は、人権や女性分野を主に議論する第3委員会では、これまでにも慰安婦問題を提起しており、今回も強い口調で日本を圧迫する方針だという。

 今後も国際舞台で、普遍的人権問題である慰安婦問題を持続的に提起することで、国際世論を動員し、日本を圧迫していく方針だと伝えられた。(編集担当:李信恵・山口幸治)