緊急地震速報と連動し自動的に点灯。携帯充電もできる防災ラジオライト発売

写真拡大

フォースメディアは10月上旬に同社ブランドJ-Forceから、新商品「地震・津波警報放送連動防災ラジオライトグラピカ(JF-ERL1W)」を発売する。

同商品は地震や津波などの災害や、都道府県知事の要請に応じて放送される「緊急警報放送」、気象庁が発表する地震動の予測・警報「緊急地震速報」に連動。

これらの信号を受信すると、自動起動してLEDライトが自動点灯し、警報を知らせるラジオライトとなっている。

警報は主電源を切った状態でも常に受信しているため、就寝時でも枕元などに置いておけば放送を逃すことはない。

災害時にはラジオ、懐中電灯、ランタンなど1台で幅広く活用することもできる。

また、本体のUSBポートからスマートフォンや携帯電話などへの充電も可能(iPhone4/4S/5も対応)。

長期停電時でも、手回し充電機能付で安心して使用できる。

さらに緊急時に役立つサイレン機能付。

本体一部には夜光塗料を使用しているため、暗闇でも見つけやすいという。

価格はオープン。