全世界の綿生産量の1%未満。オーガニックコットンをつかった製品とは?

写真拡大

食の安全やエコへの関心の高まりから、衣服やシーツといった身体に触れるものにも環境に配慮した素材が使われることが多くなった。

そのひとつに「オーガニックコットン」がある。

オーガニックコットンとは、無農薬有機栽培綿花、またはそれを使用した製品を指す。

1980年代、アメリカで環境保護を目的に栽培がはじまったオーガニックコットンは、どのように地球環境へ寄与するのだろうか。

オーガニックコットンの現状について調査した。

オーガニックコットンの生産量は、2009〜2011年の集計によれば、全世界の綿生産量のうち、わずか0.7%しかないという。

なぜなら、農薬や殺虫剤、化学肥料などを使わずに、原料となる綿花を産業レベルで栽培することは難しいからだ。

綿花は世界の耕作面積の約2.5%しかないものの、殺虫剤は世界の使用量の15.7%にも及ぶ。

また、厳しい認証をクリアするためには、3年間、無農薬有機栽培を行った農地であることが求められる。

オーガニックコットンとして認められるまでの移行期間が発生するので、生産者への負荷が大きく、生産量を急激に増加させることは難しい。

しかし、農薬や化学肥料を使い続ければ、土壌はやせ細り、地下水も汚染されてしまう。

そればかりか、栽培者の健康にも悪影響を及ぼしてしまうのだ。

また、綿花は開発途上国での栽培量も多く、児童労働などの問題も抱えている。

ところが、オーガニックコットンの場合、栽培環境はもちろん、加工過程やフェアトレードをしているかどうかなど、認証時に厳しいチェックが行われるという。

そのため、地球環境にやさしいことはもちろん、オーガニックコットン製品を使用することで社会貢献ができると注目されている。

現在の日本では、産業レベルでオーガニックコットンを栽培することは難しく、日本製のものはほとんどないという。

そのため、現在販売されているオーガニックコットン製品は、海外の原綿を使用しているものが多い。

各国の厳しい基準をクリアした原綿を使い、日本が誇る優れた技術によって、クオリティの高い製品が作られている。

オーガニックコットンをつかった商品の例としては、日本ベッド製造のベッドリネン「CIEL-GIZA45」シリーズが挙げられる。

今年の4月から、厳格なオーガニック基準により栽培された、最高級エジプト超長綿「GIZA45オーガニック」のみを使用して生産されているという。

原綿の「GIZA45オーガニック」は、世界の綿花生産量のわずか0.0001%未満しか生産されず、すべて慎重に手摘みで収穫されているとのこと。

そのため、人体に害を及ぼす化学物質は一切使わず、農業従事者にも配慮した製品といえる。

また、国際的な承認基準である、エコテックス基準にも準拠しているという。

ツヤのあるサテン地のソフトな風合いと上質な肌触りが評価され、東西迎賓館や日本各地のホテルに納品されている。

同製品は、コンフォーターケース(掛ふとんカバー・26,250円〜)、ボックスシーツ(22,050円〜)、ピローケース(8,400円〜)の3アイテムを展開。

プレーンタイプと、ドビーストライプの2種類が用意され、さまざまなインテリアと調和するデザインが特徴だ。

同社では、ピローケース(シエルストライプ)のプレゼントキャンペーンを実施している。

ホテルライクな快適さを試すチャンスなので、応募してみてはいかがだろうか。