若手社員の7割以上は出世欲あり。出世につながるスマートなキレ方とは?

写真拡大

文響社はビジネスコミュニケーション本『出世するキレ方』を10月5日に発売する。

刊行に伴い、9月5日〜9月11にかけて22歳〜35歳の若手男性会社員648名を対象に、「出世欲と人間関係」についての調査を実施した。

最初に「あなたは出世したいと思いますか?」と尋ねたところ、「出世したいと思う」と回答した割合が74%。

どこまで出世したいかという問いに対しては、「部長・プロデューサー職」が24%、「役員」が21%、「社長」が14%で、若手会社員の半数以上が部長・プロデューサー職以上の出世を望んでいることが分かった。

次に「出世するのに必要だと思う条件は何だと思いますか?」と尋ねたところ、1位は「仕事での成果(84%)」、続いて「上司との人間関係(70%)」、「部下への指導力(57%)」となった。

出世するために必要な条件「人間関係」に関する質問として「社内の誰かに対してキレたいと思ったことがありますか?」と聞くと、77%の人が「ある」と回答した。

「キレたいと思ったことがある」と回答した人のうち、実際にキレてしまったことがあると答えた人は40%(全体に対しては31%)。

キレた後、その相手との関係は「最低限のコミュニケーションしかとらない状態になった」というほか、「腹を割って話せるようになった」など、キレ方次第で相手との関係が良くなることもあるようだ。