”世界の投信王”日中学生団体対抗戦、明大チームが同済大チーム破り総合優勝

写真拡大

日興アセットマネジメントは、資金運用体感ゲーム『世界の投信王』の特別レース「2012 日中学生 団体対抗戦」の決勝戦を9月27日に開催し、優勝チームを決定した。

審査の結果、明治大学の「ohara japan2」が日中総合優勝チームに選ばれた。

「2012 日中学生 団体対抗戦」は、3人1組で構成される日本と中国の学生チームが、グローバル投資で日中学生No.1の座を賭けて競い合う『世界の投信王』の学生向けレース。

同レースは、日本から27チーム(81名)、中国から19チーム(57名)の合計46チーム(138名)が参加し、7月に開始。

各チームは8月末までの2カ月間、仮想資金10億円(中国チームは1億人民元)を使用して、世界35カ国の株式と連動する架空のインデックスファンドへ投資した。

8月末の運用期間終了後、同社は2カ月間の運用成績と各チームが提出した報告書を審査し、当初設定した運用目標の実現度を踏まえ、決勝戦に進出する6チーム(日本・中国各3チーム)を選出した。

9月27日に開催された決勝戦では、各チームによる最終プレゼンテーションを実施。

審査員は、日興アセットマネジメントグループの日本・中国・香港オフィスにおける運用のプロフェッショナル6名が担当した。

各チームは、投資コンセプトや運用内容、分析結果を発表したほか、審査員からの質問にも対応。

審査の結果、運用能力、分析能力、報告能力の観点から、まず「ohara japan2」と同済大学(上海)の「驰骋冰雪」の2チームが両国の最優秀チームに選出され、その後「ohara japan2」が日中総合優勝チームに選ばれた。

「ohara japan2」は、投資哲学が一貫しているなど、その優れた再現性と継続性が評価された。

同チームは「投資にチャレンジするのは初めてでしたが、このように決勝に残ることができて、そしてさらに日中総合優勝できて本当にうれしいです。

今回を機に、これからいろいろ世界情勢について調べていこうと思いました」とコメントしている。

一方、「驰骋冰雪」は、レース開始以降、着実に世界経済や株式市場に関する知識を吸収し、それらを投資行動に反映させ、最終的に全46チーム中運用成績1位という運用結果を残すまでに成長した点が評価された。

同済大学で日本語を学んでいるという「驰骋冰雪」は、「レースを始める前は、経済について何も知りませんでしたが、この3カ月で、経済や投資に関する知識をつけることができました。

一生忘れられない思い出になりました」と話しているという。

「ohara japan2」には、1人3万円程度の商品券および賞状を贈呈。

また、「ohara japan2」ならびに「驰骋冰雪」には、副賞として日興アセットマネジメントグループの相手国のオフィスを訪問するツアーが贈られたほか、決勝参加チームには、1人1万円/1,000元程度の商品券がプレゼントされた。