(社)日本インテリアファブリックス協会では、「JAPANTEX2012」(会期:11月14日(水)〜16日(金)/会場:東京ビッグサイト東ホール)のセミナー企画を順次発表しているが、このほどメイン企画となるインテリアトークセッション「時代はインテリアビジネスに何を求めているか〜クールJAPAN インテリアの魅力と可能性〜」と「東京スカイツリーのインテリア〜東京スカイツリーの建設プロセスとインテリアデザイン〜」の2セミナーの概要を発表した。

毎年人気の人気インテリアトークセッション、今回はMCに越川洋平氏((株)オーブインターナショナル代表)、パネリストにはお馴染の西垣ヒデキ氏(デコレーターズ代表)、南村弾氏(ダンプロジェクト主宰)、に加え新たに杉原吉直氏(杉原商店社長)、林田典子氏(bp international)を迎えて、つくる、伝える、使う、といったそれぞれの立場から持論を展開する。特に今回は装飾、和紙、トレンド、ファブリックなどさまざまな角度からクールJAPANインテリアの魅力を語り合う。
会期2日目の11月15日(木)14:15〜15:15に行われる。受講料無料。

また「東京スカイツリーのインテリア」は、東京スカイツリーの設計に携わった(株)日建スペースデザインのシニアデザイナー、鈴木真弥氏が全体の設計コンセプトから構造、展望台などインテリアの視点で設計者しか知り得ない興味津々の情報が語られる。
会期3日目の11月16日(金)15:45〜16:45に行われる。受講料無料。