【男性編】洗濯で失敗したことランキング
気をつけていても、何度もやってしまう





ポケットの中身を確認せずにズボンを洗ったら、洗濯物すべてにティッシュの破片がくっついてしまった。こんな経験はありませんか? 不注意による失敗はもちろん、洗剤などの使い方を間違えてしまうと大変なことになってしまいます。これを避ける方法はないのでしょうか? マイナビニュース会員の男性392名に洗濯で失敗したことについてうかがいました。





Q.洗濯で失敗したことを教えてください(複数回答)

1位 色移りした 33.9%

2位 ポケットにティッシュなどを入れたまま洗濯した 26.5%

3位 縮んだ 15.1%

4位 漂白剤で色が抜けた 11.2%

5位 部屋干しのニオイが気になる 10.7%







■色移りした

・「白い服が黒くなった」(28歳/情報・IT/技術職)

・「色物は分けないといけない」(40歳/電機/技術職)

・「濃い服の色が色移りして、あまり着ていない白シャツが使い物にならなくなったことがある」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)





■ポケットにティッシュなどを入れたまま洗濯した

・「よくやって母親に怒られた」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「洗濯した洋服が紙くずだらけになった」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「ティッシュを入れたまま洗濯に出してしまい怒られた」(26歳/学校・教育関連)





■縮んだ

・「お気に入りの服が縮んだ」(27歳/自動車関連/技術職)

・「服が縮んだら着られない」(39歳/小売店/技術職)

・「試しに洗濯してみたら、マフラーがハンカチサイズになったことがある」(33歳/情報・IT/技術職)





■漂白剤で色が抜けた

・「よくあるんです。私には」(31歳/金融・証券/営業職)

・「好きな服が台なしになった」(30歳/金融・証券/営業職)

・「もう外には着て出られないと思うと悲しい」(32歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)





■部屋干しのニオイが気になる

・「カビ臭くなった」(28歳/自動車関連/技術職)

・「梅雨時期の部屋干しは、本当にニオイが気になる」(30歳/食品・飲料/専門職)

・「あんなくさいものはない」(34歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)





■番外編:大切な服が悲惨なことに……

・「服が破れた」(46歳/機械・精密機器/営業職)

・「ダウンジャケットを洗ったら、ボリュームがなくなった。クリーニングに出したらよかったと後悔した」(31歳/小売店)

・「洗濯ネットを閉め忘れて、中身がぐちゃぐちゃになった」(26歳/自動車関連/事務系専門職)





総評

1位は「色移りした」でした。洗濯物の色分けをしていなくて、濃い色の服から白い服へと移ってしまったということが多いようです。3位の「縮んだ」もそうですが、お気に入りの服が無残な姿になってしまってガッカリ……という様子がコメントからも伝わってきます。





2位の「ポケットにティッシュなどを入れたまま洗濯した」の失敗も多いですね。本当にウッカリした間違いなのに、被害が大きいのがこの失敗でしょう。ティッシュの紙クズを取り除くのは大変ですからね。





5位「部屋干しのニオイが気になる」には、とくに梅雨時期は最悪というコメントが多数。秋雨も長く続きますので、これからの時期も油断できません。





失敗を避けるためには、洗濯がしやすい服を選ぶのがいいかもしれませんね。色移りせず、縮まず、色が抜けず、そしてデザイン的にOKの服があればベスト。購入するときに見分けるのも難しいのかもしれませんが……。

(文・OFFICE-SANGA 渡邉久美子)





調査時期:2012年7月23日〜2012年7月28日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性392名

調査方法:インターネットログイン式アンケート