雪上ウォーキングに適した”西洋かんじき”「スノーシュー」に最新モデル登場

写真拡大

自転車やアウトドア用品を手掛ける「ビーズ」はこのほど、雪上用歩行器具「スノーシュー」の2013年モデルを発表した。

「スノーシュー」は、手軽に楽しめるウインターレジャーとして注目されつつある”スノーシューイング”(雪上ウォーキング)向けに開発された雪上歩行器具。

”西洋かんじき”とも呼ばれ、日本でも同種の歩行器具が古くから用いられてきた。

特別な技術は必要なく、スキーやスノーボードなどの用具を一式そろえるよりも手軽で、冬山登山よりも難易度が低いという。

同商品は、フリーサイズの足入れ部の周囲に、雪上での沈み込み防止用フレームを配置。

フレームの長さ別に4サイズを設定した。

価格は、SW-18A(23inch)が7,980円。

SW-19B(25inch)が8,820円。

SW-20C(27inch)が9,240円。

SW-21K,22K(キッズサイズ)が6,720円。

また、歩行補助用のトレッキングポールがセットになったモデルも用意。

SW-10TP(25inch)が1万3,440円。

SW-11TP(27inch)が1万3,800円。

SW-12TP(23inch)が1万2,600円。

商品の詳細は同社公式サイト内「ドッペルギャンガーアウトドアのページ」へ。