広島、山形、高知、沖縄の酒を試飲。「ぶらり銀座一丁目 酒まつり」開催

写真拡大

「ぶらり銀座一丁目 酒まつり」が10月6日〜7日、広島県、山形県、高知県、沖縄県の4つのアンテナショップ(東京都中央区銀座)で行われる。

7月にオープンした広島ブランドショップ「TAU」の呼びかけで初めて実施されるもの。

このイベントは、銀座一丁目に集まる同4アンテナショップが協力。

4店舗を巡って各県自慢の名酒を試飲できるというもの。

参加店舗は、「広島ブランドショップ TAU」「山形県アンテナショップ おいしい山形プラザ」「高知県アンテナショップ まるごと高知」「沖縄県アンテナショップ 銀座わしたショップ」の4店舗で、いずれも銀座一丁目内の、徒歩で回れる範囲にある。

開催日時は、10月6日が10時30分〜20時、10月7日が10時30分〜17時(高知県アンテナショップのみ、両日とも12時〜)。

当日はいずれかの店舗でイベントチケット(500円)を購入するか、「広島ブランドショップ TAU」で2,000円以上の買い物をすると参加できる。

4県のアンテナショップすべてで試飲した人の中から、各日先着200名に、4県ロゴ入り限定ぐい呑みがプレゼントされる。

また空クジなしの抽選会を実施し、広島県内各地の銘酒やおつまみも無料で試せるという。

なお、利き酒はなくなり次第終了となる。

また10月10日には、「広島ブランドショップ TAU」にて、広島の秋の味覚と銘酒、ワインを味わえる食事会も開催される。

当日は、広島出身の食空間コーディネーター、山本侑貴子(ゆきこ)さんが料理に合わせてテーブルコーディネートと日本酒、ワインのセレクトを行う。

開催時間は18時〜。

会費は1万2,000円。

詳細は「広島ブランドショップ TAUの新着情報」へ。