ヨウジヤマモト新ライン「REGULATION」発表 テーマは制服

写真拡大

 ヨウジヤマモトが、パリのファッションウィーク期間中に「Yohji Yamamoto」の新ラインとして「REGULATION(レギュレーション)」を発表した。2013年春夏コレクションのショーで、一部のアイテムを初披露。「制服」をテーマに、シンプルで低価格のラインとなる。

ヨウジヤマモト新ライン「REGULATION」の画像を拡大

 「REGULATION」は、"統制"や"指揮"といった言葉を連想させる「制服」をテーマに、"Clothes with Discipline=規律をもった服"を提案する新ライン。デザイナー山本耀司が好み、これまでもメインテーマのひとつとしてこだわり続けてきた、ミリタリー調のジャケットやコートなどユニフォームの様式のあり方を追求する。ヨウジヤマモトの服がもつ独自性から生まれたユニフォームは、着る人それぞれの着こなしが可能で、幅広いターゲットに向けて展開。ネームタグは、「Yohji Yamamoto」のブランドロゴに「REGULATION」の大文字ロゴが並んだデザインとなる。

 デビューシーズンの「REGULATION」2013年春夏コレクションでは、約30型を発表。展開アイテムはコートやジャケット、ブルゾン、パンツ、スカート、シャツ、ドレス(オールインワン)、Tシャツ、ポロシャツ、そしてシューズはキャンバススニーカーとレザーの編み上げブーツの展開が予定されている。従来のコレクションより低価格で着易さが意識されつつ、打ち出されるヨウジヤマモトの「制服」というルール。価格帯はジャケットとパンツ、インナーのトータルルックでおよそ10万円。