「ヨガ大王」が脱走する様子が見たい! 韓国ネットで「ビデオ映像を公開して」との声

写真拡大

韓国で、留置所のわずか15センチの隙間から抜けだし、「ヨガ大王」の名で日本でも有名になったチェ・ガプポク容疑者の脱走シーンに対する関心が高まっている。

チェ容疑者は今月17日、食事の差し入れ口の縦15センチ、幅45センチの鉄格子の隙間からスルリと抜け出し、6日間に渡り逃亡した。韓国の警察によると、署内の防犯カメラには体に軟こうを塗り、食事の差し入れ口から抜け出し、外壁とつながる窓から外に出るチェ容疑者の姿が写っていた。すべての過程を合わせ、約1分ほどの出来事だったという。

縦15センチは一般成人男性の頭部よりも狭く、普通はここからの脱走は到底不可能だ。それを、いとも簡単に抜け出していることから、韓国では自然とチェ容疑者の脱走シーンに関心が集まった。しかし、警察側は映像の公開を拒否。「人権問題」に関わることや、「海外トピックで報じられ笑われる」可能性などがあるなどを理由に、公開はしないと説明した。

韓国では、このような警察の対応について、脱走時の警察の落ち度を隠すためではないかとの見方が広がっている。容疑者が脱走する間、留置所の職員はずっと寝ていたとの報道もある。警察としては、これ以上批判を呼ぶ原因を作りたくないのかもしれない。

Yahoo!コリアの「ネチズン1票」では、チェ容疑者のビデオ公開をめぐるアンケート調査が実施されている。これまでに9113人が参加し、公開を求める人は8割(7141人)に達した。

参照:ノーカットニュース
参照:Yahoo!コリア

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。