先輩社会人に聞いた、学生時代の家賃と仕送りの平均は?

写真拡大

初めて一人暮らしをする際に、いくらぐらいの家賃の部屋を探せばいいのでしょうか。

今回「マイナビ賃貸」では、学生時代に一人暮らしをしていた社会人男女のマイナビニュース会員237人に仕送り額と家賃の関係について聞きました。

まず、実際に大学生は家賃がいくらの部屋に住んでいるのでしょう。

アンケートによると以下のようになっています。

(学生時代の一人暮らしに関するアンケート、対象:マイナビニュース会員 有効回答数237件、2012年6月実施、インターネットログイン式アンケート)グラフから、家賃が3万円以下の人が約8%、4万円未満の人が約11%、5万円未満の人が約22%、6万円未満の人が約18%、7万円未満の人が約20%、8万円未満の人が約11%、9万円未満の人が8%、9万円以上の人が約2%ということが分かります。

ボリュームゾーンとして、家賃が4〜7万円の部屋に住んでいる人が、全体の6割にのぼることになります。

続いて、仕送り額について見ていきましょう。

仕送り額の分布はこのようになっています。

仕送り額が0〜3万円以下の人は約24%、4〜6万円以下の人は約27%、7〜10万円以下の人は約34%、10万円以上の人は約15%となっています。

それでは、それぞれの仕送り額別に、どれくらいの家賃の部屋を借りているかを見ていきましょう。

分布人数割合が多い(10%以上)部分に色をつけてみました。

仕送り金額が高いと家賃も高いという比例関係はありますが、全体として見ると仕送り金額に関わらず、4〜7万円の家賃の部屋を借りている人が一番多くなっています。

物件を探す時は、一人暮らしには家賃だけではなく、食費、水道•光熱費、交際費等、その他のいろいろな費用もかかってくることを考えながら検討しましょう。

家賃の他に最低でも3万円の生活費を確保しておく必要があります。

そうすると、一般的には家賃+生活費で7〜10万円ほどは仕送りとアルバイトで毎月工面する必要があります。

また、特に女性の場合、防犯面等の対策もしっかり考えたいもの。

防犯面を重視すると家賃が上がる傾向にありますので、その点もしっかり考慮しておきましょう。

学生の本業はもちろん学業なのですが、仕送りがあまり期待できない場合は、バイトをして収入を増やすことを検討する必要も出てきます。

ただ、その場合も学業に差し支えがないような範囲でバイトをすることが大切です。

無理のない家賃と生活費で予算設計をして、仕送りやアルバイトでやりくりできるよう工夫をしていきましょう。

(文・花輪陽子)

続きを読む