「スカイツリートレイン」10/27デビュー - 東武線浅草駅から日光&鬼怒川へ

写真拡大

東武鉄道の6050型車両のうち4両(2両2編成)をリニューアルした展望列車「スカイツリートレイン」が10月27日にデビューする。

同列車の車両形式は634型となる。

同車両は東京スカイツリーや日光・鬼怒川などの東武線沿線の観光スポットや車窓風景を堪能できるよう座席を高床とし、展望窓を設けたのが特徴。

その他、前面展望スペースやサロンも設置された。

座席はさまざまな旅行形態に対応すべく、「ペアスイート」「シングル」「ツイン」の席種を用意。

外観については、白地に青空をイメージしたデザインの編成と、白地に朝焼けをイメージしたデザインの編成の2種類が存在する。

デビュー直後はおもに団体専用列車として、浅草〜東武日光間を1日1往復する。

この区間での運転予定日は10月27日と、11月4・11・17・18・23・24日。

11月29・30日は、浅草〜鬼怒川温泉間を1往復する臨時特急列車として運転される。

12月1日以降については詳細が決まり次第告知するとのことだが、土休日を中心に、臨時特急列車として両毛地区や大宮から東京スカイツリータウンへ向かう列車を設定する計画もあるという。

ちなみに、「スカイツリートレイン」の車両形式となった「634(むさし)」は、東京スカイツリーの高さ(634m)と同じ数値。

東武鉄道は同列車について、「東京スカイツリータウン観光と鬼怒川温泉宿泊の両方を楽しめる時間に運転することで、『スカイツリーから日光・鬼怒川へ』のコンセプトを実現させます」と発表している。