読む鉄道、観る鉄道 (18) 『交渉人 真下正義』 - 東京の地下鉄で爆弾を積んだ「クモ」走り回る!

写真拡大

大人気のドラマシリーズ『踊る大捜査線』の劇場版最新作『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』が公開中だ。

さて、「踊る」シリーズといえば、スピンオフ作品に地下鉄をテーマとした作品があった。

『交渉人 真下正義』だ。

東京の地下鉄が舞台だが、都内の地下鉄から協力を得られず、本物の東京の地下鉄が出てこないという異色の作品。

「踊る」シリーズのファン向けに制作されているだけに、同作品だけではおもしろさを満喫したとはいえない。

しかし鉄道映画としては興味深い。

地下鉄は都市の便利な乗り物だ。

そして閉鎖された空間、社会の裏側といった雰囲気も魅力だろうか。

アメリカでは、『サブウェイ・パニック』など名作サスペンス映画が作られた。

『交渉人 真下正義』は、「東京で地下鉄をテーマとしたサスペンスを作れるか?」という可能性にチャレンジした意欲作ともいえる。

ロケで使われた地下鉄がどこかを当てるクイズとしても楽しめる。

同作品の主人公は『踊る大捜査線』の青島俊作……の後輩で、若手キャリアの真下正義(ユースケ・サンタマリア)。

彼は警視庁初の交渉人(ネゴシエイター)として、いくつかの事件を解決し、そのつど警視庁のPRと、自己顕示欲を満たすため(?)、各メディアに出演していた。

警視庁には交渉課準備室が設置され、真下は課長となっていた。

そんな年のクリスマス・イブ。

柏木雪乃(水野美紀)とのデートを楽しみにしていた真下は、室井管理官(柳葉敏郎)に呼び出される。

最新鋭の試験車両「クモ」が何者かに乗っ取られ、犯人の予告通りに公園で爆発事件が発生。

東京の地下鉄事業者「TTR」(東京トランスポーテーション・レールウェイ)では運行装置に原因不明のトラブルが発生し、そのすきに「クモ」は運行中の地下鉄電車に接近する。

車内には爆弾が積まれているかもしれない。

そして犯人は名指ししていた。

「真下さん、一緒に地下鉄を走らせましょうよ……」と。

乗っ取られ、恐怖の対象となる「クモE4-600」は、線路幅や電化方式の違う線路も走れる車両。

映画公開当時、「そんな都合のいい電車があるんだろうか?」と思った人がいたかもしれない。

しかしいまでは、九州新幹線長崎ルート向けにフリーゲージトレインの開発が進められることに。

JR四国では試運転も実施されている。

さらに先日、JR西日本がフリーゲージトレインで実績のあるスペインの鉄道と提携することを発表したばかり。

JR西日本では、北陸新幹線から在来線へ乗り入れる列車にフリーゲージトレイン導入を検討しているという。

電化方式の違いを問わないバッテリー方式の電車も、JR東日本が開発中だ。

つまり、営業用として採算に見合うかどうかは別として、いまの鉄道技術なら「クモE4-600」は実現可能。

同作品のスタッフはちゃんと鉄道技術をリサーチして作っているんだなと感心する。

この作品を見て、東京の地下鉄を知っている人は不思議に思ったことだろう。

駅の雰囲気は東京の地下鉄に似ている気がするけれど、車両はまったく違う。

じつは、「地下鉄内を制御不能の爆弾列車が走る」という設定も影響し、東京メトロや都営地下鉄の撮影許可を得られなかった。

そこで全国各地の地下鉄でロケを実施した。

だから東京の地下鉄が舞台にもかかわらず、実際の東京の地下鉄は出てこない。

それでも同作品を違和感なく映画を楽しめる理由は、コメディであり、他の作品のパロディが多い『踊る大捜査線』シリーズのひとつだからといえるだろう。

ちなみに、劇中で表示される地下鉄路線図は実物とほぼ同じように見える。

ただし路線名は違う。

東西線は東陽線、有楽町線は桜田門線、半蔵門線は九段下線、銀座線は渋谷線……、となっている。