これホントに外国語? 日本語みたいな海外の言葉



海外には日本語と同じ響きなのに、その意味はまったく違う言葉がたくさんあります。例えば、日本人に非常になじみ深いめん類であるソバはマサイの言葉でこんにちはという意味だったりします。今回はそんな日本語のような響きの海外の言葉を紹介します。









■アホ

スペイン語で『ニンニク』の意味。わりと有名なので知っている人も多いでしょう。現地のニンニクを使っている料理には、ソパ・デ・アホ(ニンニクスープ)など、とにかくアホアホついているので、笑ってしまわないよう注意!



■バカ

こちらもスペイン語で雌牛という意味の言葉。スペインの人に「バカ!」言われてもただ日本語のわかる現地の人に「バカ!」と言われた場合、判断に迷いますね(笑)。



■オナカスイタ

これもスペイン語の言葉で、『小さな家』という意味です。スペインの人の前で「おなかすいた」と日本語で言うと「え? 家がどうした?」と思われてしまいそうです。



■タベルナ

イタリア語、スペイン語で『食堂』という意味です。食堂なのに「食べるな」ってのもなんとも不思議な感じですね。旅行に行ったときに現地の人に「タベルナ!」と言われても誤解しなういように(笑)。



■オッチャン

韓国語で『タンス』という意味の言葉。日本語で「オッチャンがタンスを運んでる」と言うと「オッチャンがオッチャンを運んでる」というなんとも奇妙なことになります。これは意味不明。



■シマウマ

スワヒリ語で『止まりなさい』という意味。多様する機会なんてそうそうないと思いますが、うっかりしていると意味が重複してしまいますね。



■キレイ

タイ語でなんと『醜い』という意味。日本語での意味とは正反対なので、タイに旅行に行った際には日本語で「キレイだね」なんて口説いちゃうとエライことになってしまうかもしれませんよ! 美人と接するときは要注意です。



■ダメ

スペイン語で『ちょうだい』という意味の言葉です。日本語だと「ちょうだい?」スペイン語で会話をしたらどっちも混乱



■ブラジャー

インドネシア語で『勉強する』という意味。でも下着のブラジャーもその名前と意味で世界中に普及していますから、どう使い分けているのか気になりますね。思春期真っただ中の男の子は海外での意味を知ると赤面してしまうかも。



■ババア

クロアチア語、マケドニア語で『おばあさん』の意味。う〜ん、あまりにもそのままですね。



■デブリーナ

セルビア・クロアチア語で『太い・ぶ厚い』という意味の言葉です。なんとなくニュアンスで意味がわかってしまうのが怖いところ。現地では「太っている」という事ではないのですが、やっぱり日本人としては体重を気にしている人の前では口にしてはいけないと思っちゃいますね。



私たちが普段何気なく使っている日本語と同じ響きでも、海外ではこんなにも意味が違う言葉だったりします。



中にはババアのように日本語と響きも意味もほぼ同じものがあったりするのも、非常に興味深いです。もしかするとこのコラムの中にも、海外だととんでもない意味の言葉があったりするかもしれませんね。



(貫井康徳@dcp)