ブロガー、プログラマー、投資家
小飼 弾
1969年生まれ。96年ディーエイエヌ有限会社設立、99年オン・ザ・エッヂ(現ライブドア)CTO(取締役最高技術責任者)。著書に『小飼弾のアルファギークに逢ってきた』『弾言』など。

写真拡大

シンプルでロジカルな文章は、実は理数系人間が得意とするところ。新発想の文章術をプロが指南。まずは長文との決別から始めよう。

■小飼式文章術

アウトプットは質より量です。普段から何も書いていないのに、「いいアウトプットができない」と愚痴る人がいますが、僕に言わせれば「10年早い!」です。量が伴わずに、質が向上するわけがないのですから。

量が積み重なって質的な変化を起こす臨界点のことを、クリティカルマスと言います。たとえばスポーツや楽器のクリティカルマスは1万時間だとよく言われます。最初は練習してもたいして上達しないが、1万時間を突破すれば、突然、技術が飛躍的に伸びるというわけです。

文章も同じです。1万時間というと、毎日3時間弱、文章を書いていたとしても約10年かかります。それだけの量をアウトプットしないと、けっして文章はうまくならない。たまに文章を書く程度なのに「どうして上達しないのだろう」と悩むのは、前提から間違っています。悩む前に、とにかく書けばいいのです。

なかには、「うまく書けないのにアウトプットするのは恥ずかしい」と考える人もいます。自分のアウトプットに対して低評価を下されることが怖いのかもしれませんが、それは「自分ならうまく書けるはずだ」という過度な期待の裏返し。どうせ10年はうまく書けないのですから、開き直って書き始めるべきです。

技術がなくてアウトプットに失敗した人と、何も書かずに安全圏にいる人がいれば、僕が評価するのは前者です。何も書かず利口ぶっている人は、失敗する人よりさらにレベルが低い。一生、クリティカルマスとも無縁でしょう。

仕事で求められる文章だけでなく、日々感じたことをツイッターでアウトプットしてもいい。短い文章でも、書き続ければ、いずれはクリティカルマスに達します。それを信じて、まずはひたすら書き続けることです。

■畑村式文章術

私は工場や大きなプロジェクトの現場をよく見学に出かけます。そこで得た知識や知見は、「印象記」という形でアウトプットして記録・保存しています。

2010年には、08年前に起きた岩手・宮城内陸地震の被害現場を4日間かけて見学して、印象記を作成しました。ただ、これらの印象記は、著書や講演で材料として活用することはありますが、発表する予定があって作成するわけではありません。目的は、あくまでも自分の知見を深めるためですから。

誰かに見せることを前提としていませんが、書くときは人に見せても伝わるように整理します。第三者が見ても理解できるということは、観察した事象を自分がきちんと抽象化・知識化できているということを意味します。抽象化・知識化していない雑記は、単なる感想文。知見と呼べるレベルまで高めてこそ、あとで自分の仕事に活かすことができます。

見学時は、メモをほとんど取りません。印象記を書くのも、見学のあと1週間から10日経ってからです。記録が目的の1つであるのに、なぜメモを取らないのか。メモしなければ忘れてしまうような情報は、それほど価値のある情報ではないからです。逆に言うと、問題意識を持って観察すれば、必要な情報は時間を経ても頭に残っているはず。残った材料だけで、十分に知見を深められます。

(村上 敬=構成 相澤 正、熊谷武二=撮影)