この犬はどんな犬!? 犬種を学んでみよう (4) 面長フェースのひょうきんもの -ミニチュアブルテリア

写真拡大

■ミニチュアブルテリアの歴史ミニチュアブルテリアは、その名の通りブルテリアを小型化して作られた犬種です。

イギリスを原産国とし、ブルテリアと同様、闘犬やネズミ駆除のために作られました。

大きさ以外はブルテリアとの違いはありませんが、登録上は異なった犬種となっています。

19世紀初頭、スタンダード・サイズのブルテリアを基礎犬とし、さまざまなサイズの犬が誕生しましたが、その中に「トイ」と呼ばれる体重4.5kg以下の小型のサイズが存在しました。

しかし極端な小型化が災いし、トイブルテリアは20世紀前半には絶滅寸前にまで追い込まれます。

現在のミニチュアブルテリアは、そのわずかな生き残りに、ブルテリアの小柄な個体を繰り返し交配させることで固定化されました。

1939年にイギリスで公認され、アメリカでは大きく遅れ1991年に公認されています。

アメリカでの公認が遅かったこともあり、これまでは大きく注目を集めるには至っていませんでしたが、人気の犬種であるブルテリアのミニチュア版ということで、現在は日本でも人気が高まっています。

■ミニチュアブルテリアの特徴と性格卵形の頭部とくぼんだ小さな目、面長のユニークなルックスの中型犬です。

とても筋肉質で、幅広の胸も堂々としています。

初期には攻撃的な性格も見られましたが、現在はかなり改善されており、ひょうきんなしぐさで愛嬌(あいきょう)を振りまく楽しい犬種です。

賢く、陽気で遊び好き。

飼い主にとても忠実ですが、興奮するとほえやすい一面もあります。

穴を掘ることが大好きですので、庭を荒らされてしまわないよう管理する必要があります。

■飼うなら…おとなしく優しい犬種ですが、元は闘犬であるため、やや闘争的で頑固な一面もあります。

愛情を注ぎつつも、きちんとしつけることが、犬にとっても幸せにつながります。

活動的で遊び好きですので、十分な運動をさせてあげる必要があります。

また、やや皮膚が弱いため、アレルギー性の皮膚炎などの疾患には注意が必要です。

■画像提供元ペットショップ「COO&RIKU」