今も身長が伸び続けているというオランダの摩天楼=ステファン・シュトルーフ。ハードパンチャー+D-1レスラーのスタイプ・ミオシッチとの一戦は、間もなくだ (C) UFC

写真拡大

28日(金・現地時間)、明日29日(土・現地時間)に英国のノッティンガムはキャピタルFMアリーナで開催されるUFC Fuel05「Struve vs Miocic」の公開計量が同所で行われた。

メインカード出場の英国人ファイターに大きな声援が集まった計量会場。第2試合にアイスランドのグンナー・ネルソンと175ポンド契約での対戦が決まっていたダマルケス・ジョンソンは、ステージに上がったところで手を合わせて詫びを入れるポーズを見せる。低姿勢のままスケールに乗った彼の体重は、ほとんどミドル級といえる183ポンドだったが、既に体重を落とせていないことは周知の事実だったか、すぐにキャッチウェイト戦というコールが入り、ネルソンも不満気な表情は浮かべていなかった。

急遽、契約体重で出場が決まったジョンソンだが、その体重にも落とせなかったのは、体調不良があったからか。いずれにせよ、ネルソンはウェルター級から、1階級分重い契約体重でUFC初陣を迎えることとなった。

この他の出場選手は誰ひとりオーバーウェイトとはならなったが、メインでスタイプ・ミオシッチと戦うステファン・シュルルーフは251ポンドで、対戦相手よりも5ポンド以上重かった。そんな彼の体重よりも、驚かされたのは身長が今も高くなっているという事実。これまでの6フィート11インチ(210.85センチ)から、今回は7フィート(213.4センチ)と紹介されることになった模様だ。