カメラを所有するママの被写体、99.7%が「子ども」 - ライフメディア調査

写真拡大

「ライフメディア」は26日、「カメラ女子とカメラママに関する調査」の結果を発表した。

この調査は、同社が運営する自主調査サイト「リサーチバンク」にて9月18日から24日まで行われたインターネット調査。

「カメラ女子」(子どものいない女性)と「カメラママ」(未就学の子どもがいる女性)を対象に、2,173件(子どもがいない女性1,133件、未就学の子どもがいる女性1,040件)の回答を得た。

「保有しているカメラ」について聞いたところ、82%が「コンパクトデジタルカメラ」を保有していると回答した。

子どものいない女性に比べ、子供のいる女性の方が保有率が高く、93%が保有していた。

携帯電話やスマートフォンのカメラ機能をあげた人はさらに多かった。

「写真を撮る」頻度を聞いたところ、回答者全体では「月に2〜3回」が20.6%、「週1回程度」が19.7%、「週2〜3回」が17.4%だった。

「毎日撮る」と答えた人は、カメラ女子では4.4%だったのに対し、カメラママは13.5%と3倍以上だった。

「どのような被写体を撮影することが多いか」を聞いたところ、カメラ女子は「食べ物、料理」「山や川、海などの自然」が上位になった。

対してカメラママでは、「子ども」と答えた人が圧倒的に多く99.7%。

次いで「配偶者、パートナー」が25.2%、「食べ物、料理」が24.3%だった。

ライフメディアでは、これら発表内容の詳細に加え、「写真をどう保存しているか」「ミラーレス一眼カメラをどう思うか」など、さまざまな調査結果を発表している。

詳しくは「リサーチバンクのアンケート発表ページ」へ。