【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「バルガス」

写真拡大

●カプコン初のゲーム作品!

(画像:YouTubeより)
(C)CAPCOM

「バルガス」は1984年に株式会社カプコンからアーケード用としてリリースしたシューティングゲームです。

自機を8方向レバーで操作し、ショットとキャノン砲で攻撃するというゲームです。

※操作体系は「ゼビウス」に似ています。

本作で面白いのがアイテム5種類のうち3種類は敵をパワーダウンさせるという効果を持ちます。このアイデアは「1942」でも採用されています。

ちなみにカプコン名物の「弥七」、実は「バルガス」でも既に登場しています。
●カプコンのその後
「バルガス」発売でデビューして、現在は「モンスターハンター」シリーズや「ストリートファイター」シリーズ等の多数の人気タイトルを抱えるカプコン、ナムコ・タイトー・セガ・任天堂等のゲームメーカーと違ってインベーダーゲームのブーム(1978年〜1979年)の後から登場したアーケードゲームのメーカーとしては急激な成長をした会社であるといえます。

※パソコンゲームからスタートした会社としてはスクウェア・エニックス、コーエー等が有名ですね。

アーケードゲームの歴史を語る上で「インベーダーゲーム」が一つの分岐点になりますが、カプコンはインベーダーゲームを経験しない稀有な存在であると言えます。
●(Demo) バルガス / Vulgus (C)Capcom 1984

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【懐かしいゲーム特集】「1942」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「覇邪の封印」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ザ・スクリーマー」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ミシシッピー殺人事件」