防犯グッズの最新トレンド




日本もだんだん「物騒」になってきました。それでも安全な国だなどと言われますが、気を付けていないとどんな災難が降りかかってくるか分かりません。「転ばぬ先の杖」、「自分の体は自分で守る」というわけで防犯グッズ。株式会社アイ・ティー・エス『総合防犯センターマックスガレージ』店長の川上修治さんに「防犯グッズの最新トレンド」についてお話を伺いました。





■震災以降はLED懐中電灯!



――マックスガレージさんは総合的に防犯グッズを扱われていますが、最近店頭で人気の製品を教えてください。



川上さん 3.11以降、緊急時に必要ということでLED懐中電灯は人気です。懐中電灯に注目が集まりました。一時期は品薄になるぐらい売れました。



――今でも人気がありますか?



川上さん 今でも人気ですね。品薄感がなくなって安価になりましたのでね。10時間もつという製品は人気です(価格は1,750円)。



■笛と防犯アラーム、防犯スプレーも人気



――ほかには何か人気商品はありますか?



川上さん 笛も人気ですね。



――笛ですか?



川上さん 防犯用の笛です。大音量を出す「携帯用防犯アラーム」もあります。キーホルダー型や首から提げるタイプなどがありまして。例えば、首に下げておいて、不審者に襲われた時にはストラップやリングを引き抜くと、大きなアラームが鳴ります。



――どういった方が買われるのでしょうか?



川上さん やはり子供に持たせたい親御さんなどが購入されますね。



――痴漢などの不審者対策ですね。



川上さん そうですね。防犯スプレーもありますよ。不審者に襲われた際に、相手に向かってシュッとかけるわけです。アメリカで開発されて、実際に州警察などで採用されている製品もありますよ。



――価格はどれくらいでしょうか。



川上さん ピンキリなんですが、安いものだと700円とかですね。まあ標準的には2,750円とか。アメリカ産の製品になると3,000円〜5,000円ぐらいです。



■防犯カメラのニーズは高い!



――防犯カメラなども人気あるのでしょうか。



川上さん 防犯カメラのニーズは根強いですよ。例えば犬のウンコが頻繁に落ちているとか、ゴミが投げ込まるとか、もしかしたら誰かに嫌がらせをされてるんじゃないか、そういうのを確認するのに必要ですから。



――防犯カメラのニーズは高まっているんでしょうか?



川上さん 高いと思います。



――家庭用でお薦めの製品があったら教えてください。



川上さん 『ホームガード』(アイ・ティー・エス製)はいいですよ。これは売れ線の商品ですが、小さなレンズがここにあります。横にSDメモリーが入って、画像はここに記録されます。



*……20cm四方の小さな黒いボックス型で、玄関に付けるインターホンの呼び出し機にしか見えません。カメラのレンズはピンホールといっていいほど小さく正面に付いています。



――これはスゴイですね。いくらでしょうか?



川上さん 29,800円です。



――そんなに高価じゃなくて、出せる金額ですね。



川上さん 大体うちに来られるお客さんは何かあってから来られる人が多いんですよ。侵入されたとか、ゴミ入れられたとか。そういうことのないようにする、先にやっておくのが本来の防犯製品なんですけれどもね。



■鍵も大事! 時間を稼ぐ防犯を!



――ほかに人気な製品と言いますと?



川上さん 鍵ですかねえ。



――開けにくい鍵とかそういうことでしょうか?



川上さん いえ、窓や入り口に後から付けるんですよ。例えば侵入者が窓やドアを破ってその鍵を開けても、その下にもう1つ鍵があって開かない、そういう風にするための物ですね。アルミサッシの「さん」の所などに付けたりするわけです。こういう対策をしておくと、侵入者が入るのに時間がかかります。この時間をかけさせる、あきらめさせるという防犯が大事だと思います。



川上さんのおっしゃることは正鵠(せいこく)を射ています。例えば空き巣などが金品を盗むのにかかる所要時間は10分以内が主なのだそうです。熟練した空き巣であればあるほど時間が短いそうで、その意味では侵入者に時間をかけさせる防犯は非常に正しいわけです。



――防犯対策はそれぞれ人によって違うものですか? そういった相談を受けたりしますか?



川上さん その人の住環境に合わせた対策をご提案しますよ。例えば、女性で1人暮らし、ワンルームだったりすると、このようなスコープを提案したりします。



*……ドアスコープの内側に金属製のふたが付いていて、これを下ろせるようになっている、「替え」のドアスコープです。



――こういう便利な物があるんですね。



川上さん ワンルームですとドアからずどんと部屋ということが多いじゃないですか。なので、ひょっとしたらスコープからのぞかれるかもしれない、その危険をなくすための製品ですね。こういった物に替えるだけでも防犯対策になりますよ、と。



――例えば家全部の総合的な防犯といった相談を受けることもありますか?



川上さん そうですね。例えば、今、家を建て替えてるんだけれども……といった相談ですとか。今はもうメーカーさんも頑張っていて防犯性に優れた扉なんかがあるわけです。それをお薦めしたりですとか、防犯カメラはこうしましょうと申し上げたりですとか。弊社では国内で出ているカメラなどは全部扱っていますし、海外の優秀な製品などもあります。言っていただければ対応させていただきますね。



マックスガレージさんに伺って、防犯グッズには非常にたくさんの種類があることがわかりました。またアイデア商品なども多く、お店に並んでいる物を見ているだけでも楽しいです。もし、あなたが「防犯」を気にしているならプロに相談してみませんか?





(高橋モータース@dcp)



『総合防犯センター マックスガレージ』

http://www.maxgarage.co.jp/