1,780円でエイジングケア。「ワンデビジン」を試してみた

写真拡大

「アンチエイジング」、「スマートエイジング」という言葉に代表されるように、エイジングに対するさまざまな考え方が広まっている今日では、エイジングケアの商品が充実している。

一方で、その種類は多岐に渡り、「抗老化」とエイジングケア全般をうたう商品もあれば、シワやシミに特化した商品もあるほどで、選ぶにも一苦労だ。

また、化粧水や美容液など、ラインで揃えるとなると、結構お金がかかってしまう。

8月にpdcから発売された「ワンデビジン 濃厚保潤液」(市場想定価格は1,780円)は、1本で化粧水・乳液・美容液の3役を果たすという。

時間をかけずにエイジングケアができるのは、忙しい現代女性にとって非常に助かる。

また、化粧水1本分の値段以下でエイジングケアができ、お財布にもうれしい。

お肌の曲がり角はとうに過ぎ、最近では目元のハリも失われつつある私。

「ワンデビジン 濃厚保潤液」を実際に使用し、その使い心地を確かめてみた。

まず、「ワンデビジン 濃厚保潤液」は、一般的な乳液よりもコクのあるテクスチャーが特徴的だ。

使用量の目安となる1プッシュを手に取り、腕に伸ばしてみると、伸びが良いことが分かる。

使用後の肌はサラッとしており、ベタつき感はない。

また、伸びとなじみが良いので思ったより使い切れない。

使い始めは量を調節しながら、使うのがよさそうだ。

さらに、ポンプタイプなので洗面所にも置きやすく、洗顔後すぐに使えるのもうれしい。

私の場合、洗顔後化粧水だけでは肌がつっぱるので、夏でもクリームが手放せないのだが、「ワンデビジン 濃厚保潤液」はこれだけでも問題ない。

しっとり感は翌朝まで持続し、肌にマットな質感を与えてくれるので、化粧下地としても使えそうだ。

「ワンデビジン 濃厚保潤液」を数日使ってみて感じたことは、保湿力はもちろん、肌のハリがアップしたことだ。

また、化粧のノリも良くなった気がする。

「ワンデビジン 濃厚保潤液」を塗布後にリキッドファンデーションを使用してもヨレることはなく、アイラインもひきやすい。

目元のハリが失われるとアイメイクをするにも一苦労だが、肌の弾力を取り戻したのか、いつもよりキレイにアイラインをひくことができた。

「ワンデビジン 濃厚保潤液」のしっとり感は、高麗人参エキスや甘草エキス、真珠粉など、7種の和漢潤い成分によるものだ。

また、ハリつや成分として、コラーゲン・ヒアルロン酸・レチノール誘導体(ビタミンA誘導体)が配合されている点も見逃せない。

コラーゲンは真皮成分の約9割を占めており、肌の弾力やハリを支えるためにも欠かせない成分だし、ヒアルロン酸は、1gで約6Lもの水分を保持でき、肌にも高い保水能力を発揮してくれる。

また、レチノール誘導体はシワ対策スキンケアに配合されることが多い成分で、「若返りのビタミン」ともいわれている。

さらに、モイスチャー効果の高いスクワランが配合されており、肌表面にしっかり膜を作って潤いを逃さなくしている。

「ワンデビジン 濃厚保潤液」はそこまでお金をかけずにエイジングケアができる上に、たっぷり使うことができる。

気軽に保湿したい、肌の弾力を取り戻したいという人は、試してみてはいかがだろうか。