予想以上のクドさ! 1973年公開トルコ映画の「史上最悪の死にシーン」がヤバすぎると話題に

写真拡大

アメリカ映画はハリウッドでインドの映画はボリウッド。日本、香港、韓国に中国、フランスにイタリアにドイツ……と、世界各国で作られる映画は、それぞれに “その国っぽい雰囲気” があり、どの国の作品も特徴的。

そんななか、いま世界中のネット界で大きな話題になっているのが今から約40年前の1973年に公開されたトルコ映画『Kareteci Kiz (空手ガール)』の1シーンです。「こ、これがトルコ映画の世界か!」とビックリすること請け合いです。

話題になっている理由はずばり、“死にシーンがくどすぎてヤバイ” ということ。「史上最悪の死にシーン」とも言われており、その様子はYouTubeにアップされた動画『Worst movie death scene ever』にて確認できます。

ナイフを持って空手ガールに襲いかかるヒゲ面の敵キャラ。しかし空手ガールはチョップ一発でダウンさせ、その後に拳銃でとどめをさす。すると敵キャラは……!! どうなるのかは、実際に動画をお楽しみ下さい。笑いすぎて腹筋が痛くなります。どうかお気をつけを。

(文=長州ちなみ)
参照元:Youtube


この記事の動画を見る