「LCCのドリンク・新聞の有料は許せる」人は5割。 - LCCに関する調査

写真拡大

マクロミルは8月27日〜9月4日にかけて、1都3県に住む20歳以上の男女を対象に、LCC(格安航空会社)に関するインターネットリサーチを実施した。

有効回答数は1,000件。

最初に航空会社を選ぶポイントについて聞いたところ、1位の回答は「料金(77%)」だった。

続いて「安全性」63%、「発着地の利便性」53%、「航空会社のブランド」33%という結果になった。

続いて実際に利用したLCCの満足度を聞いたところ、「非常に満足している」「やや満足している」の合計は)72%で、およそ7割が満足しているという結果が出た。

満足の理由としては“料金が安くて安全確実に目的地にたどり着けた”“あらかじめ広報されていた内容の通りだった”などのコメントが寄せられた。

次に、LCCを利用する際、「運賃が安ければ許容できるもの」について調査。

1位となったのは「ドリンクサービスが有料」で56%、2位は「新聞・雑誌・機内誌が有料」49%、3位は「荷物を自分で収納する」30%だった。

機内サービスの有料化や、自分自身の負担を増やすことに対して、許容している人は多いようだ。

最後に「今後、LCCは日本で定着すると思うか」と尋ねたところ、「定着すると思う」(定着する・どちらかというと定着すると思うの合計)と答えた人は70%。

「価格が安いことはやはり魅力」「安全性をもっとアピールすれば定着すると思う」という意見が多く寄せられた。