三重県鳥羽へようこそ! 三世代海女の観光キャンペーンガールが誕生

写真拡大

鳥羽市と鳥羽市広告宣伝戦略委員会は、同市の観光キャンペーンガールとして、同市在住の「三世代海女 中川さん母娘」を起用したことを発表した。

今後、様々なPR企画を開始する。

このほど、観光キャンペーンガールとなった中川さん母娘は、祖母・寿美子さん、母・早苗さん、娘・静香さん。

3世代そろった現役の海女であり、中でも静香さんは“女子大生海女”として知られている。

キャンペーンは中川さん母娘の協力のもと、同市のWEBサイト「恋する鳥羽」のリニューアルからスタート。

鳥羽市の様々な秋季キャンペーン、東京・六本木でのイベントと、順次展開を広げていく。

リニューアルされた同市のWEBサイトは、画家 ヨハネス・フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」をモチーフにしている。

「真珠の耳飾りの海女」として、女子大生海女の静香さんと、母・早苗さんがサイトに登場する。

また、リアルタイムで鳥羽の観光情報を確認できるよう、Twitter・Facebookも運用。

ソーシャルメディアとの連携を強化している。

10月1日〜11月30日まで、秋季キャンペーン「天恵の海を食す 鳥羽の秋旅」を実施。

「食をテーマとした体験型メニュー」「伊勢エビ漁解禁にちなんだ南鳥羽伊勢エビプラン」など、鳥羽市ならではの、豊かな海の食と文化を伝える6つのプランを実施する。

詳細はWEBサイト「恋する鳥羽」の「鳥羽ならではの食」で紹介している。

また、10月27日には、六本木農園にてイベント「海女ナイト」を実施。

地方の生産者と東京をつなぐレストランをオープンし、海女が採った魚介類を中心とした料理の提供とともに、現役海女による海女文化のPRを行う。

10月15日から27日までは、同店舗で海女を紹介したパネルや、写真家・古谷千佳子さんが撮影した海女の写真を展示する「海女ウィーク 展示」を実施する。