食物アレルギーに配慮した「穀物フリー」ドッグフードが登場 - ニュートロ

写真拡大

ニュートロジャパンはこのほど、ドッグフード「ニュートロ ナチュラル チョイス 穀物フリー」の新製品5種類を発売した。

価格はオープン。

同製品は、アレルギーになりにくいといわれる主原料、特に動物性タンパク源を限定して使用。

米・麦・トウモロコシなどの穀物も不使用とした。

代替として、アレルゲンとなりにくい植物性タンパク源であるポテトを使用することで、犬の食物アレルギーに配慮。

また、主原料の素材数を9つに制限することで、犬のおなかに合わない素材が含まれる可能性を抑えているという。

「超小型犬〜小型犬用 成犬用」 は、ターキー&ポテト、フィッシュ&ポテトの2種、「中型犬〜大型犬用 成犬用」は ターキー&ポテト、フィッシュ&ポテト、ラム&ポテトの3種、計5製品での展開となる。

このうち、「超小型犬〜小型犬用」製品は、小型犬の小さい口と顎に合わせた、食べやすい小粒サイズで提供される。

また併せて、既存の「ナチュラル チョイス ドッグフード」のレシピの一部リニューアルも行った。

同シリーズのチキン製品すべてが、チキン「生肉」を第一主原料に使用した「ミート ファースト」となり、嗜好(しこう)性が向上。

白米を使用していた製品は「玄米」使用となり、より多くのビタミン・ミネラルの摂取が可能となっている。