東京都・新宿東口「ビックロ」そばに「リーバイス ストア 新宿」オープン!

写真拡大

リーバイ・ストラウス ジャパンのグローバルコンセプトストア「リーバイス ストア 新宿店」が28日にオープンする。

前日にはプレスプレビュー(内覧会)が開催された。

同社は現在、プレミアム戦略を推進しており、「リーバイス ストア 新宿店」もプレミアムストアの位置づけに。

新店舗は世界第1位の乗降客数を誇る新宿駅の東口側に立地し、数軒先には27日にオープンしたばかりの「ビックロ」が建つ。

リーバイス史上初のグローバルコンセプトストアとして、国内最多の商品数をそろえる店舗となる。

27日のプレスプレビュー(内覧会)には、リーバイ・ストラウス ジャパン代表取締役社長の齋藤貴氏、リーバイ・ストラウス本社のグローバル・バイス・プレジデント兼クリエイティブディレクターのレン・ペルティエ氏が出席した。

「デニムのオリジンらしく、自信を持って履いてもらおうとの思いでプレミアム化に舵をきりました。

グレードアップした商品、クオリティの高いサービス、そしてリーバイスのコネクションを一度に見てもらえる場所を探し、日本最大の商圏である新宿に出店することになりました」と齋藤氏。

新店舗ではリーバイスの3ライン(リーバイス レッドタブ、リーバイス ビンテージ クロージング、リーバイス メイド&クラフテッド)がそろい、3階「TAILOR SHOP(テーラーショップ)」では、裾上げやオリジナルワッペンによるカスタマイズなどジーンズにパーソナライゼーション(個性化)を付加するサービスも提供するという。

レン・ペルティエ氏はリーバイスのグローバル戦略を統括するキーパーソンであり、「リーバイス ストア 新宿店」の構想から完成までのディレクションも行った。

「リーバイスにとって日本は非常に重要な市場。

職人の技やデニムそのものに愛情を示す人が多く、我々も日本のファッションスタイルをたいへん興味深く感じています。

グローバルコンセプトストアを初めて出店し、プレミアムラインを発表するにあたり、日本が最良の場所と考えたのです」と、新店舗が世界的にも重要な位置づけであることを強調した。

「リーバイス ストア 新宿店」では、リーバイスの3ラインすべてをそろえたことから幅広い価格帯の商品を用意しており、新宿を訪れるさまざまな年齢層の利用者に対して商品提案が可能に。

日本初上陸となる「リーバイス メイド ヒア」コレクションも登場。

伝統とクラフトマンシップの観点から選ばれた、その土地ならではの逸品のセレクションだ。

オープン特別企画の限定商品も。

「リーバイス ビンテージ クロージング」から、「501 XX」1933年モデルを3万9,375円で、トリプルプリーツブラウスを5万2,500円(リジッド)・7万5,600円(マジェスティック)でそれぞれ限定発売する。

限定ノベルティとしてオリジナルトートも用意され、商品購入者の中から先着1,000名にプレゼントする。