「ビックロ」東京都・新宿東口で開店 - ユニクロ柳井正氏”ビックロ”発言も

写真拡大

ビックカメラとユニクロの協業による新店舗「ビックロ」が27日にオープンした。

”東京、新宿の新名所”として生まれた「ビックロ」については本誌既報の通り。

当日は”史上最大級”のオープニングセールが開催され、開店前にはセレモニーも行われた。

「ビックロ」全館の総売場面積(地下3階から地上8階)は約6,700坪。

1〜3階を占める「ビックロ ユニクロ新宿東口店」は約1,200坪で、国内では銀座店に次ぐ規模という。

1階はメンズ・ウィメンズ、2階はウィメンズ・キッズ&ベビー、3階はメンズの商品を展開し、総勢約480名のスタッフに加え、利用者に驚きを与えるしかけとプロモーションで、活気にあふれた「グローバル繁盛店」をめざす。

テープカットセレモニーには、ユニクロ代表取締役会長兼社長の柳井正氏、ビックカメラ代表取締役社長の宮嶋宏幸氏、「ビックロ」のトータルプロデュースを務めた佐藤可士和氏らが参加。

この日のために東京中のチンドン屋も集結し、にぎやかなパフォーマンスで「グローバル繁盛店」のオープンを祝った。

柳井氏は、「日本一のターミナルである新宿東口にオープンできてうれしい限り。

ビックカメラの繁盛店の勢いを取り入れ、いままでにないユニクロとして、日本一の立地で日本一売りたい。

日本は経済的に元気がないので、ここで一発”ビックロ”させたいし、このコラボのようなものを、ニューヨークやパリでもやってみたいと思っています」と挨拶した。

一方の宮嶋氏は、「本日のグランドオープンに向けて、ビューティーコーナーをこれまでの4〜5倍に広げ、各フロアを代表する新製品や特化商材も集めるなど、ビックロの大きなテーマである『素晴らしいゴチャゴチャ感』にふさわしい売場になったと思います。

お互いのフロアでお互いの商品を販売し、ビックカメラのポイントをクーポンに交換してユニクロでも使えるようにする、といった試みも行っています」と新店舗をアピールした。

今回の協業は、同じビルにビックカメラとユニクロが入居することがきっかけで始まったという。

柳井氏は以前から家電量販店に関心を寄せていたようで、「東京の繁盛店の一番最初であるビックカメラと組んだらどうなるか、興味がありました。

家電販売店は1店舗で何百億も売りますし、日本でも誇るべき業態だと思います」と語った。

同店舗では朝から長い行列ができ、その数は4,000人規模に及んだという。

急遽、開店時刻を15分前倒しして9時45分オープンとなったが、その後も入場規制がかかるなど、初日から「グローバル繁盛店」と呼ぶにふさわしい大盛況となった。

「ビックロ ユニクロ新宿東口店」では30日まで、ビックロオープン特別価格商品を販売。

毎朝1,000名に配布されるユニクロ整理券を受け取ると、ヒートテックTシャツ・キャミソール(通常価格990円)が290円、メンズのイージーパンツとウィメンズのイージーレギンスパンツ(通常価格1,990円)が490円、ウルトラライトダウンベスト(通常価格3,990円)が990円で購入できる(ユニクロ整理券1枚につき1人1点限り)。

日替わりの目玉商品も登場する。

「ビックロ」限定で、ビックカメラ「ビックポイント」を「ユニクロクーポン」に交換するサービスも開始。

1,500ビックポイントで1,000円分のユニクロ商品を購入できる。

「ビックロ ユニクロ新宿東口店」で1,000円以上買い物し、レシートを「ビックロ ビックカメラ新宿東口店」で提示すると、対象商品が最大10%引きとなるサービスも行うとのこと。