外国人から見た日本 (58) 「これはない! 」と思う日本のペット

写真拡大

犬や猫はもちろん、爬虫類や魚、昆虫など日本のペットショップではさまざまな生き物が売られています。

日本人なら普通だと思っているペットでも、外国人にとって「なぜこれをペットにするの?」と思うものもあるのではないでしょうか。

そこで、外国人20人に聞いてみました。

・ハムスターやうさぎです。

野生の動物だと思うので、とてもペットにはできません (ブラジル/女性/50代前半)・うさぎ。

母国ではうさぎを食べますのでペットにしません。

日本との習慣の違いが面白いと思います (シリア/男性/30代前半)ハムスターやうさぎは愛くるしい見た目から日本では専門店もあるほど人気のあるペットですが、野生動物や食用というイメージが強いのですね。

・モルモット。

ネズミを飼っているのと同じなので (マリ/男性/30代前半)・スキニーギニアピッグ(モルモットの一種)。

あまり好きではないで (中国/女性/30代後半)ハムスター同様、日本では小動物のペットとしてモルモットは人気がありますが、国や地域によってはネズミを連想させ、あまりいい印象がないのですね。

ちなみにスキニーギニアピッグとは体毛のないモルモットです。

・カブトムシです。

母国では、昆虫を飼うことは一般的ではありません (アメリカ/男性/30代前半)・カブトムシ。

本当に気持ち悪いペットだと思います。

見た目も怖くて、ゴキブリと似ています (フランス/男性/20代後半)・昆虫です。

友達に、日本の子どもたちは昆虫をペットとして飼うことがあると教えてもらった時にびっくりしました。

でも、日本のように生活空間が狭いところでは、虫をペットとして飼ってもおかしくないかもしれません (ウズベキスタン/女性/20代後半)カブトムシやクワガタと言えば、日本の子ども達には人気のペットですし、スズムシやカマキリを飼った人も多いはず。

しかし昆虫をペットにするという文化が信じられない外国人も多いのでしょう。

・ヘビやトカゲ。

こういうものをペットにすること自体、とにかく不思議です(ネパール/男性/40代前半) 知人や友人宅に爬虫類がいるとさすがにドキッとしますが、日本ではペットとして売られている事自体はよく知られています。

日本でも嫌いな人からみれば理解できないペットなので、外国人でも同じ反応なのですね。

・フレンチブルドッグ。

不細工なので (チェコ/男性/30代前半)愛嬌のある顔をしていると思いますが、感性の違いでしょうか(笑)。

日本では「ブサかわいい」なんていう話題だったりしますが、外国人には理解のできないジャンルなのかもしれません。

ハムスターなどの小動物や昆虫は、省スペースで比較的子どもでも飼いやすいこともあり、日本では人気があります。

しかし、多くの外国人にとってはこれらをペットにする発想がないのでしょう。

日本人が飼っているのを見て、その良さに気づいたという意見もありました。