旅客機の模擬操縦席も!? 福岡県のかしいかえんで、のりものフェスタ開催

写真拡大

福岡県福岡市の「かしいかえんシルバニアガーデン」で、「知ろう、楽しもう、のりものフェスタ」が開催される。

開催日時は10月6日(土)10:00〜17:00まで。

イベントは西鉄バスと日本航空のコラボレーション企画で、バスや航空機といった「のりもの」の魅力を発信するとともに、運転手や従業員の「しごと」を紹介。

多くの子供たちに楽しみながら体験してもらおうというもの。

イベント内容は、西鉄バスを象徴する車両を展示し、運転席などを見学できる「バス車両の展示」、JALボーイング787型機をモデルにした体験用模擬操縦席「ミニレーターの展示」、バス乗務員やパイロット、キャビンアテンダント、航空機整備士の制服を着て自由に写真撮影できる「こども制服撮影会」がある。

そのほか、「ペーパークラフト&ぬりえコーナー」、「缶バッヂの製作・販売」、「プラ板づくり体験」、「オリジナルグッズの販売」も行われる。

さらに随時開催イベントとして、夜行高速バスに綱をくくり付けて参加希望者と綱引きをする「バスと綱引き」、本番さながらの格好で、映像を使い航空機の誘導を体験する「マーシャリング体験」も。

また、西鉄バスや日本航空に関する問題に答える「○×ウルトラクイズ」、日本折り紙ヒコーキ協会認定指導員が直接教えてくれる「JAL折り紙ヒコーキ教室」なども開催される。

会場となる「かしいかえんシルバニアガーデン」は1938年に香椎チューリップ園として開業。

その後拡張整備され、総面積12万平方メートルもの広々とした場所で四季折々の草花を鑑賞できる都市型遊園地となった。

さらに2009年には「シルバニアファミリー」の世界観を遊園地のテーマに加えた。

ちなみに、かしいかえんを漢字で書くと「香椎花園」となる。

イベント詳細、開催時間は西鉄のHPで確認のこと。

http://www.nishitetsu.co.jp/release/2012/12_085.pdf