日本一の酒どころ兵庫県灘の酒蔵地域を舞台に「2012灘の酒蔵探訪」を開催

写真拡大

兵庫県神戸市東灘区及び灘区は酒造業が集積する日本一の酒どころだ。

ここ灘の酒造メーカー、酒造組合、集客観光施設などが連携して、「2012灘の酒蔵探訪」を9月29日(土)から11月25日(日)まで開催する。

イベントのひとつ「灘の酒蔵スタンプラリー」では、指定された10カ所のポイントのうち3カ所のスタンプを集めて応募すると、ホテル宿泊券、各酒造会社より清酒・食事券、市内観光施設の招待券など、288名に抽選で当たる。

スタンプポイントは、浜福鶴吟醸工房、櫻正宗記念館、菊正宗酒造記念館、白鶴酒造資料館、泉勇之介商店、神戸酒心館、こうべ甲南武庫の郷、沢の鶴資料館、灘浜ガーデンバーデン、灘浜サイエンススクエア。

また、普段入ることのできない酒蔵開放や試飲会などのイベントも用意されている。

酒蔵開放の日程は酒蔵ごとに異なる。

白鶴酒造資料館は10月6日(土)と7日(日)で、各日とも10時00分〜15時30分。

事前申し込みは不要。

「福寿」の神戸酒心館は9月29日(土)〜11月11日(日)までの土・日に14時00分から開放。

事前申し込みが必要で、各日20名限定。

「灘泉」の泉勇之介商店は、9月29日(土)〜11月24日(土)の土曜日、各日10時00分〜16時00分に開放。

事前に申し込みが必要。

都合により見学ができない場合もある。

菊正宗酒造記念館は、10月13日(土)と10月20日(土)の2日間、各日とも10時15分〜、14時00分〜の2回開催。

事前に申し込みが必要で、各回20名限定。

「櫻宴」の櫻正宗記念館は、11月3日(土)10時00分〜16時00分開放。

事前申し込みは不要。

屋外イベントと同時開催のため、雨天中止となる。

さらに、9月29日(土)〜11月25日(日)の土曜・日曜・祝日には、酒蔵地域を巡る期間限定バスも運行する。

ルートは阪神御影南口→JR六甲道(乗車のみ)→阪神大石(乗車のみ)→沢の鶴資料館→灘浜ガーデンバーデン→こうべ甲南武庫の郷→神戸酒心館→白鶴酒造資料館→菊正宗酒造記念館→櫻正宗記念館・櫻宴→浜福鶴吟醸工房→JR住吉駅前(降車のみ)→阪急御影(降車のみ)→阪神御影南口。

運行本数は1日6便。

阪神御影南口発(9時30分、10時41分、11時52分、14時10分、15時20分)。

最終便はこうべ甲南武庫の郷発になる(17時00分)。

料金は、大人・子どもともに1回乗車100円、1日乗車券200円。

なお、酒蔵開放の事前申込先などは神戸市ホームページで確認を。

http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2012/09/20120918142002.html