茨城県の色づく秋、「きて みて さわって コキアカーニバル」開催中

写真拡大

茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園で、「きて みて さわって コキアカーニバル」を開催中だ。

開催日時は9月15日(土)〜10月21日(日)まで。

国営ひたち海浜公園は153.2ヘクタールの広さがあり、園内には大規模な花畑が広がる。

そこでは四季折々の草花を鑑賞することができる。

現在みはらしの丘の3万6千本もの「コキア」がうっすらと色づいている。

例年10月の中旬ごろにコキアは紅葉の見ごろを迎える。

コキアは日本名「ほうき木」または「ほうき草」とも呼ばれている一年草。

ほうきのような細かい茎が特徴的で、秋には紅葉して茎も紅く染まる。

昔は乾燥させて実際にほうきとして利用されることもあったと言われている。

実は「畑のキャビア」と呼ばれる秋田県特有の食べ物「とんぶり」となる。

コキアカーニバルのイベント内容は、コキアを装飾してマーチングバンドを作る「日本を元気にコキアのマーチ」、みはらしエリアを歩きながらクイズを解く「コキアクイズラリー」、地元茨城の昔話を紙芝居で楽しむ「古民家で紙芝居」、山車と太鼓で盛り上がる「大秋祭り」。

ほかにも「オータムフェスティバル」では地元の食や特産品の販売、地域芸能の披露や、ひたちなか地区を巡るバスツアーなどが行われる。

「第1回海浜公園ボランティアまつり&都市緑化祭」は公園のボランティア通称”パークパートナー”が工夫をこらしたおまつり。

パネル展示コーナーやクイズ、風船や花苗の無料配布などが行われる。

公園内ではコキアのほかにも、中央フラワーガーデンやみはらしの丘のふもとでは「コスモス」が咲き始めている。

中央フラワーガーデンの「キバナコスモス」は五分咲きだ。

ぴょんぴょんサークルの「パンパスグラス」や大草原北東側の「桃色パンパス」、大草原フラワーガーデンの「ジニア」が見ごろを迎えている。

イベント詳細、開催時間は国営ひたち海浜公園のHPで確認のこと。

http://www.hitachikaihin.jp/?page_id=349