蒸気機関車が走る!! 秋田県で、C61形20号機が秋田駅〜東能代駅間を勇走!

写真拡大

秋田駅〜東能代駅間で蒸気機関車C61形20号機が「SLあきた路号」と題して走行する。

期間は10月20日(土)、21日(日)の2日間、1日1往復の運行。

車両編成はC6120+12系客車6両、全車指定席。

指定席料金は大人510円、子供250円。

指定席券の他に乗車券も必要。

全国のJR指定席券取扱い箇所で発売される。

発売開始は利用1か月前の10:00から。

発着駅は秋田、土崎、追分、大久保、羽後飯塚、井川さくら、八郎潟、鹿渡、森岳、東能代というルート。

片道全ルート乗車で約2時間強のSLの旅を楽しめる。

参考までに秋田駅〜東能代駅までの料金は、大人1人乗車券と指定席券合わせて1,460円となる。

さらに「SLあきた路号」運行記念入場券セット(硬券)も販売される。

販売場所は秋田、土崎、追分、八郎潟、東能代の各駅で、料金1,050円。

10月20日に販売開始となり、販売総数2,000セットが無くなり次第、販売終了となる。

1人10セットまで購入可能。

C61形蒸気機関車は、昭和22年〜24年にかけて製造された蒸気機関車。

通称「シロクイチ」。

デゴイチとして知られているD51形のボイラーを流用して製造された。

今回走行するC61形20号機はD51形1094を三菱重工業が改造したもの。

石炭をボイラーに自動的に供給できる装置メカニカルストーカーが日本の機関車として初めて採用されているのが特色だ。

C61形20号機は昭和24年に完成後、青森機関区、仙台機関区、九州の宮崎機関区で運用され、走行距離は実に約287万キロにのぼった。

東北地方で運用されていたときには、東北地方初の特急列車「はつかり」のほか、夜行列車「はくつる」をけん引した。

昭和48年に廃車となって後、静態保存機となったが、動態復元が決定されて平成23年に復元を果たした。

「SLあきた路号」運行の詳細はJR東日本 秋田支社のHPを参照。

http://www.jreast.co.jp/akita/topics/sl_akitaji/index.html