口コミでも高評価!ベタつかずにツヤのある髪を実現する”美艶油”の実力とは?

写真拡大

化粧品の製造販売を行う資生堂は、ヘアーケアブランド「TSUBAKI(ツバキ)」から、洗い流さないトリートメント「資生堂 美艶油(びつやゆ)」を9月中旬より数量限定で店頭発売を開始する。

価格はオープン。

美艶油は、6月21日より同社WEBサイト「ワタシプラス(watashi+)」限定で先行発売されたが、すぐに完売してしまったという。

それでも、@cosmeのアウトバストリートメント部門では、1位をキープしている(9月11日現在)。

ところで、なんでこんなに人気なんだろうか。

美艶油の実力を調査した。

まずは、同社が販売に先駆けて行ったモニターの調査を調べると、9割以上の人が高い効果を実感しているという。

例えば、「美艶油を使って、ダメージが改善されましたか?」と尋ねたところ、92%が「改善された」と回答。

「髪の奥まで浸透して、カラーで傷んだ髪がしっかりと潤うのを実感しました」というコメントからも、ダメージヘアーに効果がある様子がうかがえる。

また、「美艶油を使って、髪の手触りが滑らかになったと感じましたか?」という問いに対しては、92%が「感じた」と回答。

さらに、「美艶油を使って、髪のツヤが増したと感じましたか?」と尋ねたところ、94%が「感じた」と回答した。

フリーコメントでも、「天使の輪が短期間でできるから絶対に使ったほうが良い」「雨の日に外に出ても、広がったりパサパサになったりしなかった」など、使用感を評価する声が多く寄せられている。

美艶油は、まあまあ多くの女性から高評価を得ていることがわかった。

でも、「アンケート調査だけだとイマイチな……」と思った私。

ということで、自分でも使ってみることにした。

私の髪の毛は長年のパーマとカラーリングによって、激しいダメージを受けている。

しかも、スパイラルパーマ。

ゆるふわパーマよりもダメージが大きい。

そんなヘアーでも、美艶油は効果を発揮してくれるのだろうか。

洗髪後、タオルドライをした半乾きの髪の毛に美艶油をなじませる。

オイルがぬれた髪の毛にも使えるのか心配だったが、髪の毛につけた瞬間、スッとなじんでいった。

しっかりもみこまなくても、髪の毛に浸透していく。

す、すごい。

ちなみにこの効果は、大豆レシチンによるものだそう。

あと、オイルといってもベトベトせず、サラッとスベスベした感触で、残ったオイルをふき取る必要もなかった。

とはいえ、ドライヤーをかけた後もしっとり感は持続していた。

翌朝。

スパイラルパーマの人はお悩みだろうが、いつもはひどい寝ぐせなのが、爆発することはなかった。

ちなみに、髪の毛にベタつきはなく、サラサラ感が継続している。

さらに、昨晩つけた美艶油は洗い流す必要はなく、乾いた髪に上塗りもできるそう。

乾いた髪に使ってみても、椿油独特のクセのあるニオイはせず、フルーツのような甘い香りが漂う。

これは、ヘアーフレグランスとしても活用できそう。

使用開始から数日が経過。

髪の毛のツヤは増しつつも、何より手櫛すら拒否する剛毛が生まれ変わり、スルンとしなやかにまとまっている。

ダメージヘアーの私でも、効果が実感できたのだから、普通の髪質ならより効果を得られるのではないだろうか。

何気なく成分を見てみると、美艶油には、同ブランドに使用されている「厳選 椿オイル」を濃密配合と書かれている。

上質な椿オイルの産地である、長崎県五島列島産の天然素材を使用し、完熟した椿の実を手摘みで収穫し、昔ながらの圧搾法で丁寧に時間をかけて絞り出している。

ちなみに、美艶油はその年に収穫された椿の種子のみを使用し、ピュアな一番搾りのオイルのみを使っているため、数量限定販売とのこと。

店頭販売のみなので、試してみたい方は、チェックしてみてはいかがだろうか。