【懐かしいゲーム特集】「大航海時代」

写真拡大

●名声を取り戻せ!

(画像:amazon.co.jpより)
(C)コーエー

「大航海時代」は1990年に株式会社コーエーからパソコン用としてリリースされたシミュレーションゲームです。

プレイヤーは16世紀のポルトガルの没落貴族であるレオン・フェレロとなり、失われた爵位を取り戻すことが目的となります。レオンの父の元副官であるロッコ・アレムケルとともに船に乗り、冒険や交易、海戦を行いながら「名声」ポイントを上げていくのがゲームの肝となります。

※「名声」ポイントとは簡単に言えば、国王からの勅命を果たしたり、戦闘に勝利したり、同盟港を増やしたりする事によって上昇するRPGで言うところの経験値に近い概念です。

ちなみにアートディングからリリースされている「アトラス」というゲームも大航海時代を背景に設定されています。この「大航海時代」がRPG的なシステムだとすれば、「アトラス」は貿易シミュレーション的なゲームとなると思われます。

※この両作品は良い意味で全く方向性が異なるゲームです。


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「覇邪の封印」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ザ・スクリーマー」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「パックマニア」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ミシシッピー殺人事件」
▼外部リンク

大航海時代