(株)メディアファクトリーと(株)夏水組は、新刊「夏水組のパリ風 手作りインテリア」の出版を記念して、9月25日(火)にリビングデザインセンターOZONE8階セミナールームにて、「愛される住まいのつくり方 〜賃貸住宅が変われば暮らしが豊かになる〜」と題したトークセミナーを開催した。
講師を務めたのは、「夏水組のパリ風 手作りインテリア」の著者で空間デザイナーの坂田夏水氏と、賃貸住宅に新風を吹き込んでいるメゾン青樹の青木純氏。青木氏は入居者に自由に壁紙を選べる仕組みを一早く導入、その取り組みがメディアに取り上げられ、入居待ちが多数出るほどの人気物件を展開する、今や注目の賃貸不動産オーナー。そのインテリアデザインのアドバイスを行っているのが坂田氏で、セミナーでは青木氏と坂田氏の出会いから、賃貸物件運営の考え方、壁紙の選べる賃貸物件や女性専用シェアハウスなど実際に手掛けた物件の実例、さらに新しいチャレンジとして実施している、入居者が間取りや設備機器まで自由にできる完全オーダーメード物件の取り組みも紹介された。2人の信念は、セミナーのタイトルでもある「賃貸住宅が変われば暮らしが豊かになる」。賃貸住宅の在り方が変わりつつある現状がよく分かる、非常に興味深い内容であった。書籍「夏水組のパリ風 手作りインテリア」にもそうした物件が紹介されている。
なおセミナー終了後は、協賛したテシードのOZONEショールームにてパーティも行われた。