安倍新総裁の選出に韓国メディア「日本の右傾化が加速」 憂慮示す

写真拡大

自民党は26日、総裁選の投開票が行われ、安倍晋三元首相(58)が第25代総裁に選出された。元首相が5年ぶりに返り咲くのは異例。

1回目の投票では、地方票(300票)と国会議員票(197票)の合計で石破氏が1位に。しかし、過半数に届かなかったため、国会議員だけで行われる決選投票が行われ、108票を獲得した安倍氏に決まった。石破氏は89票だった。

総裁選の結果は、韓国紙も速報。安倍氏は保守色の強い政策を掲げていることから、「自民党、新代表に安倍晋三選出…日本の右傾化加速、憂慮」「“右翼”安倍晋三当選」「極右の安倍晋三元首相…次期首相に有力」などの見出しで伝えられた。

聯合ニュースは、安倍新総裁について、「憲法改正や集団的自衛権の行使容認、慰安婦の強制性を認めた河野談話の修正などを主張してきた極右派だ」と紹介し、竹島(韓国名・独島)などの領土問題について強硬論を主導してきた人物だと伝えた。

韓国では次の総選挙について、自民党が民主党を抑えて政権を奪還するとの見方が強い。そのため、今回安倍氏の選出を受けて、「日本の右傾化はさらに加速するだろう」(NEWSis)「周辺国家との摩擦は深まるとみられる」(聯合ニュース)「日本政府の軍国主義の傾向がさらに露骨になり、韓国・中国との葛藤は深まると予想される」などと多くのメディアが憂慮を示した。

参照:聯合ニュース
参照:News1

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。