ムシ歯はもちろん、インプラントにも対応。歯科治療費を補償する”歯の保険”

写真拡大

9月24日、エース損害保険による新商品「歯の保険」の記者説明会が行われた。

この保険は、10月1日より発売。

日常の歯科治療にかかった費用を補償するものとしては、日本国内の損保業界では初の商品化(同社調べ)となるという。

商品開発の背景には、年々増大傾向にある、日本人の歯の健康への意識の高まりがあるとのこと。

説明会の参加者も多く、画期的な商品として注目が集まった。

近年、歯の健康を意識する人が増えていることから、国内の歯科疾患は減少・軽症化の傾向にある。

とはいえ、厚生労働省によれば、歯科分野における患者数は1日あたり130万人超(平成20年 患者調査)となっており、満20〜54歳でムシ歯のない人は、わずか2.3%程度(平成23 年歯科疾患実態調査)しかいない。

さらに、口腔衛生に関する学会誌の調べでは、1年のうちに3割以上もの人が、歯科疾患が原因で仕事や日常生活に支障をきたしたことがあると回答している。

今回の説明会の冒頭、同社の代表取締役社長兼CEOのジェフ・ヘイガー氏は「我々のすべての商品開発は、マーケットのニーズに焦点をあてるところからスタートします」と語った。

今回発表された、正式名称「歯の保険」も、まさに多くの「顧客となるべく人たちの声」から生まれた商品といえる。

歯科治療の診療形態は大きく2つに分けられる。

ひとつは一般的なムシ歯などの「健康保険(保険診療)」による治療、もうひとつがインプラント、ブリッジなどを用いる「自由診療」での治療だ。

自己負担額は保険診療が3割、自由診療は全額となる。

同保険では、こうした治療費を、保険診療と自由診療、それぞれに対して保険金額を限度に補償してくれるという。

補償内容は『ベーシックプラン』『お手頃プラン』『充実プラン』の3プランに分かれており、保険診療はいずれも年間15万円まで、自由診療については『お手頃プラン』『充実プラン』のみの補償で年間総額20万円まで。

さらに両プランともインプラント、ブリッジともに1体(1装置)10万円までとなる。

『お手頃プラン』と『充実プラン』の違いは、インレー(詰め物)、クラウン(被せ物)についての補償金額によるものだ。

この点について「自由診療については、地域による料金設定のばらつきを考慮して補償金額を設定しました」と、同社のダイレクトマーケティング本部長・島津正信氏。

また、すべての補償金額の設定についても、全国各地におけるマーケティングや歯科関係者との協議によって決定されているという。

各プランの保険料は、16歳から54歳まで、段階的に分かれている。

25歳から29歳を例に挙げると、月払いで870円〜1,710円、年払いでは9,540円〜18,730円となっている。

今回の保険の大きな特徴のひとつは、歯科医などによる事前の審査が不要な点であり、告知のみで加入が可能となる。

また、加入にあたっては、同社が提携するクレジットカード会社の会員であることが条件とのこと。

補償の対象となる主な歯科治療は、保険診療では「ムシ歯治療・詰め物」「歯茎などの歯周病治療」「ケガによる歯の損傷」など、自由診療では「金属、メタルボンド、セラミック、ハイブリッドレジンによる詰め物、被せ物」「抜歯手術を伴うインプラント、ブリッジ施術」となる。

一方、対象とならないケースは、「保険始期日当日から90日以内に歯科疾病があったと歯科医師が診断した場合の歯科治療」「新規契約の保険開始日以前より欠損していた歯の治療、詰め物・被せ物などの修復」「保険診療の対象ではない、主に美しさに焦点を絞ったホワイトニング等の歯科治療」だ。

同社は、スイスのチューリッヒを拠点に、世界53カ国で事業を展開するエースグループの一員である。

今回、日本で発売された歯科保険も、海外の国々ではすでに実績ある商品であり、韓国では2008年に発売され、約80万件の契約を獲得しているという。

同保険は、こうしたノウハウを生かしつつ、日本独自のスタイルも採り入れて開発された。

「タバコを吸うので歯周病が不安」「高齢になるほど歯は大事」など、将来的な歯の健康に不安や関心がある人の、生活をより豊かにする新たなアイテムとして期待される。