TOEIC初級者はテキスト3回、上級者は出題パターンを知れば点がグンと伸びる!

写真拡大

TOEIC対策の勉強法を指導するのみならず、TOEICの分析など、17年にわたり研究を行っている 東洋英和女学院大学教授 高橋基治さん。

多くの学生に支持され、TOEICに関する著書も数多い高橋さんに、長年の研究に取り組んできたからこそ知り得るスコアアップのノウハウや、最近の傾向、効果が上がる勉強法などをお聞きしました。

――長年TOEICにかかわっていますが、最近の傾向はいかがでしょうか。

最近は大手薬品メーカーが新卒採用でTOEIC 730点以上の取得を義務づけたように、グローバルな企業では、かなり高いレベルのスコアを求められるようになりました。

以前は就活で必要とされるのは600点でしたが、社会のニーズが730点に移行したことになります。

この130点の違いは大きいですね。

地方の中堅企業などでも、社員に対し高いスコアの取得を希望しています。

実際に仕事で英語を使っているビジネスマンに聞くと「800点以上は必要だと思う」と言いますね。

しかし実際どの程度の人が730点取得するかといえば、昨年の受験者では、比較的英語が好きな人、意欲の高い人が受験する公開テストでも730点以下が82%。

8割が730点取得できていません。

IPテストでは730点以下は93%。

730点以上取得できているのは10人に1人いないのです。

平均が400〜500点ですから、600点取得できていれば、最低限の英語力があるということで履歴書に書けるでしょう。

ただし、求められているハードルはもっと高いところにあることを忘れないでください。

――高いスコアを目指すには、まず何が必要でしょうか。

初級者の場合は、TOEICのスコアが本当に自分に必要か、点数のメリットがあるのかを考えてみましょう。

「取りあえず受験」組はモチベーションの維持が難しいですし、スコアも伸びません。

多いのは学生が就活を始める直前になって、周囲の友達が就活のために取ろうとしている姿を見て、「取りあえず受験」するパターンですが、これではスコアもやる気もついてきません。

何点取得できればこの職業に就ける可能性が高まるとか、どうしてもグローバル企業で海外勤務を経験してみたいとか、スコアのメリットによって自分の将来像がイメージできれば、強い動機づけとなりますし、生活のなかで英語に接触する仕掛け作りもするようになります。

まずは必要性、そして必要なら何点必要なのかを考え目標設定しましょう。

――初級者はどのように勉強すればよいですか。

全体像を知らなければなりませんから、まずは公式問題集を使い、本番のように2時間で200問解いてみます。

恐らく最初は最後まで終わらないと思いますが、どの程度の問題の量があるのかを把握できますし、正答数から予想得点が出るので、自分の現在の実力、目標スコアとの差や弱点がわかります。

これをやらない人が意外に多いのですが、それでは走ったこともないのにマラソンのレースに出場するようなもの。

ちゃんと、一度完走してみることが大切です。

それから基礎を学びましょう。

多くの人は書籍を購入するのですが、買うだけでは本はスコアには貢献してくれません。

一番いけないのが購入するだけで安心し、少し問題を解くだけで満足してしまうこと。

これでは本を使いこなしていません。

本とどうかかわるかでスコアが伸びるのです。

テキストは文字の見やすさなどでなじむものを選べばいいと思いますが、初級者には文法が大事なので、TOEICに特化した中学レベルの文法の本をおすすめします。

私は初級者の方には「新TOEIC(R)テスト 中学英文法で600点!」というテキストを勧めていますね。

これを最低3回、問題を見たら解答がすぐわかるまで徹底して取り組みます。