「スバル インプレッサ XV」披露、「SUBARU新体感SUV」シリーズとして訴求

写真拡大

富士重工業は25日、東京・表参道にて新車発表会を開催し、都市型クロスオーバーSUV「スバル インプレッサ XV」(以下「XV」)を披露した。

同車は10月5日に発売される。

新型車「XV」の概要は本誌既報の通り。

スバルが培ってきたクロスオーバーSUVの知見を随所に生かし、アウトドアから日常生活まで自由に使えるパッケージングに。

低重心な水平対向エンジンとAWDを組み合わせたシンメトリカルAWD、要所の剛性を上げたボディとシャシーで、SUVの車高の高さを感じさせない安定感のある走りも実現している。

発表会の会場となった表参道ヒルズでは、エントランス付近にも「XV」を展示。

発表会のオープニングでは、パフォーマーによる迫力の「グループアクション」も繰り広げられた。

そしてアンベールとともに、ステージ中央のタンジェリンオレンジ・パールのモデルと、その両サイドに配置されたサテンホワイト・パールのモデルが披露された。

スバル国内営業本部長の飯田政巳氏は、「先週末でエコカー補助金が終了し、その反動が予想される時期に、スバルのブランド目標『安心と愉(たの)しさ』を具現化した新商品をラインナップに加えられることに、喜びと期待を抱いています」と挨拶。

「XV」の商品コンセプトは「Urban Adventure」、コミュニケーション・コンセプトは「a new type」とのことで、「いままでにない、新しいカテゴリーのクルマとして、都市型のスポーティなライフスタイルを持つ人がアクティブギアとして活用し、わくわくするような”ライフ・イズ・カー”を送っていただけたら」と語った。

商品コンセプトに関して、スバル商品企画本部プロジェクトゼネラルマネージャーの竹内朋英氏は、「日本は成熟した自動車社会。

どこへ行くにも舗装された道路があるなど、便利な都市型生活を送っています。

”Urban”なクルマ環境の中で、生活がちょっと刺激的になる、いつもの街が違って見える、なにか新しいことにチャレンジしたくなる、という意味での”Adventure”をイメージしました」とコメント。

「『XV』はSUVを初めて検討する若い人や女性、ミニバンを卒業した人などに選んでほしい商品」と述べていた。

「XV」の価格は219万4,500〜246万7,500円で、販売計画は月販1,000台。

なお、発表会では同車に加え、「レガシィ アウトバック」と、今後発表予定の新型車の計3モデルを、「SUBARU新体感SUV」シリーズとして全面的に訴求することも明らかにされた。