ギネスが認定した「世界でもっともセラピー効果があるロボット」に新色登場

写真拡大

「大和ハウス工業」は20日、セラピー用アザラシ型ロボット「パロ」のギネス世界記録認定10周年記念カラーを発売した。

ギネス世界記録に「Most Therapeutic Robot(世界でもっともセラピー効果のあるロボット)」として認定されている「パロ」は、タテゴトアザラシの赤ちゃんをモデルにした、人と共存するロボット。

現在、世界30カ国以上の高齢者施設や病院などで約2,200体(国内約1,800体、海外約400体)導入されているという。

今回発売されたモデルは、ギネス世界記録認定10周年を記念した「さくら色」「チャコールグレー」の新色。

9月20日〜12月25日まで、200体の期間・数量限定販売となる。

価格は1年保証で35万円、3年保証で42万円。