”週休2日制”が導入のきっかけだった? 知れば知るほど深い『銀行ATMの歴史』

写真拡大

ネットバンキングや電子マネーが普及してキャッシュレス化が進んでいるとはいっても、キャッシュカードを使ってATMから現金を引き出す機会がなくなったわけではありません。

特に日本人は”現金志向”が強いこともあり、ATMとキャッシュカードは現代人にとってまだまだ必需品といえるでしょう。

そのATMがいつごろ登場して、どんなふうに発展してきたのか、『銀行ATMの歴史 預金者サービスの視点から』(日本経済評論社)の著者である日本大学商学部教授・根本忠明先生にうかがいました。

ATMは「オートマチック・テラー・マシン」の略。

テラーというのは、銀行の窓口で顧客の応対をする人のことを指します。

その代わりをするのがATMというわけです。

ATMでは、預金の引き出しのほかに、預入や振り込みもできますが、その前身は、引き出しだけができる(預入や振り込みはできない)CDです。

CDは「キャッシュ・ディスペンサー」の略で、「現金払い出し機」と訳されます。

ATMは「現金預け払い機」です。

CDが最初に登場したのは1965年のイギリス。

といっても、その当時は引き出し金額を指定できず「10ポンド単位で袋詰めされたものが機械から出てくる仕組み」(根本先生)だったとか。

その後アメリカで、現在のような磁気カード式の、指定した金額のお札が一枚一枚出てくるタイプが開発され、1970年代から普及し始めました。

CDが日本に導入されたのは1969年12月で、1000円札10枚を1束にして出す「袋出し」式でした。

1971年には、お札が一枚ずつ出てくるCDが導入され、さらにこの年、各CDと銀行の中央コンピュータをつなぐオンライン化を利用した個人向けサービスがスタートしました。

イギリスやアメリカ、日本でCDが導入されたきっかけは週休2日制だったと、根本先生は言います。

土曜日が休日になっても、預金が引き出せるようにするためでした。

日本では1971年に三井銀行がCDの365日24時間の年中無休サービスをスタートさせ、他の銀行にも広がりました。

ところが、1973年のオイルショックで金融機関の週休2日制が無期延期され、CDの年中無休サービスも中止されてしまいました。

今でも、年末年始などにはATMが使えない銀行が多く、年中無休のところは一部に限られています。

根本先生によると、実はCDのあとに、AD(オートマティック・デポジット・マシン)という、預入れ専用の機械が開発されたそうです。

でも、そのあとすぐにCDとADの機能を併せ持つATMが登場したため、ADはすぐにすたれてしまいました。

ATMは急速に普及しましたが、1990年代の後半まで、CDとATMの両方が使われてきました。

理由は簡単。

ATMのほうが機械の値段が高かったからです。

CDと切っても切れない仕組みが、給与振り込みです。

高度経済成長時代、企業への貸出ニーズが高まり、銀行は広く預金を集める必要に迫られていました。

そこで、給与振り込みサービスを導入したのです。

それまで、給与は企業が社員に現金で渡していました。

社員は、受け取った給与から生活費などを支出して、残ったお金を銀行に預けます。

一方、給与振り込みは、企業が社員に支払う給与を銀行が預かり、それを社員の口座に入金します。

社員はCDからキャッシュカードを使って給与を引き出しますが、全額を一度に引き出すわけではないので、銀行にはお金がたくさん残るというわけです。

企業のほうも、積極的に給与振り込みを導入しました。

「そのきっかけとなったのが3億円事件」(根本先生)。

1968年12月東京で、東京芝浦電機(現在の東芝)府中工場へ向かっていた銀行の現金輸送車から、社員のボーナス約3億円が奪われた事件です。