向後の7日株!: ファンクラブ運営最大手!射程圏内の高値超えで、いけるとこまでいっちゃう相場?!(366X)
7日以内に株価が沸騰しそうな株を毎日1銘柄ズバリ! 業績サプライズ系、株価出遅れ系、さらに思惑系も…さあ、チェック!!

エムアップ(3661)が今日の注目銘柄!

25日に、ワーナーミュージック・ジャパンの各商品を販売するモバイルECサイト制作運営に関し合意したと発表し、これが好感され、25日はストップ高買い気配で取引を終えた、同社に注目します。なお、ECサイト名は、「ワーナーミュージックショップ」で、10月17日をオープン予定日とし、今後発売する新譜および、各種企画やキャンペーンを行っていくとのことです。

同社は、PC・スマートフォン・携帯に対応した直販サイトの、構築・運用・決済・物流・カスタマーセンターまでワンストップでフルサポートした独自の最新システムとノウハウによりサービスを提供しています。

13年3月期第1四半期の携帯コンテンツ配信事業では、NMB48や、なでしこリーグなど、新たに4アーティスト等のファンクラブサイトをキャリア公式サイトとして開設するなど、新規アーティスト等の獲得とファンクラブサイトの開設を進め、有料会員数の増加と収益基盤の拡大を図っています。また、ファンクラブサイトや会員数の多い主力サイトから先行的に、スマートフォンへの対応を進めました。

ところで、5月には株式会社エムアップAE(旧商号:株式会社アドウェイズ・エンタテインメント)を子会社化したことで、エムアップはファンクラブサイト運営の最大手となりました。今後、スケールメリットを生かした事業の効率化と、営業力の強化に伴う更なる事業拡大が期待できます。

足元業績は好調で、13年3月期通期連結業績は、売上高は37億円(前期比、2.6%増)営業利益は5億円(同、2.8億円)、経常利益は5億円(同、6.2%増)当期純利益は3億円(同、14.9%増)の見込みです。

ちなみに、株式会社エムアップAEの連結業績への反映は、13年3月期第2四半期からで、現在は、業績への影響額を現在精査中とのことです。また、音楽映像商品については、レコード会社における年度後半のリリース予定が確定し次第、業績見通しを見直す予定とのことで、業績見通しが上振れする可能性も考えられます。

日足チャートをみると、6月27日高値1299円を付けて以降、1299円を上限、7月24日安値875円を下限としたボックス相場を、25日の急騰で上抜けしました。25日終値は1355円です。上場来高値1525円が視野に入ったとみています。ここをブレイクできれば、チャート的に青天井であり、「いけるところまでいく」展開を期待します。

向後はるみ(HARUMI KOUGO )
黒岩アセットマネジメント

金融・経済を日々研究し、タイムリーな銘柄情報に定評がある。投信、先物、FXなど金融商品の仕組みにも詳しい。テクニカルアナリスト、ファイナンシャルプランナー。