福祉車両、消費税が非課税であることを知らない人が8割 -イード調べ

写真拡大

リサーチ事業などを展開するイードは、全国30〜60代の男女(運転免許保有者)1,915名を対象に、「福祉車両に関する意識調査」を実施。

調査の結果、福祉車両を「知っている」「保有している」人は76.3%であったが、購入時の消費税が非課税であると知らなかった人は85.6%にものぼったという。

調査期間は8月9〜9月2日。

「あなたは『福祉車両』を知っていますか?」と尋ねたところ、全回答者数のうち76.3%が「知っている」または「所有している」と回答。

また、「あなたにとって『福祉車両』のイメージはどのようなクルマですか?」という質問では、「車いすを乗せるクルマ」と答えた人が8割を超え、「高齢者の方が乗るクルマ」、「値段が高い」といった他の選択肢に対して大きく差を付けた。

「福祉車両の購入時に、消費税が非課税になることを知っていましたか?」という質問では、85.6%が「知らなかった」と回答。

購入時の優遇についてはほとんど知られていないことが明らかになった。

「『福祉車両』はあなたや、あなたの家族の将来の利用に魅力的だと思いますか」という質問では、「思っていたよりも多くの車種で購入できる」、「施設(法人)だけでなく、個人利用にも向いている」、「車いすの方だけでなく、もっと多くの人が利用できる」が、いずれも7割を超えるなど、利便性や選択肢の多さに高い関心があることが分かった。