今月17日、複数の韓国メディアは、韓国の市民団体が「厚顔無恥な日本はドイツを見習え」と書いてある下駄を、皇居と総理官邸に一足ずつ送っている。

活貧党という同団体は、同日の声明発表で、日本大使館前の従軍慰安婦銅像に『竹島は日本の領土』と書かれた杭を設置した日本人活動家・鈴木信行氏への抗議であるとした(鈴木氏は23日、自らのブログでソウル中央検察庁と大統領府に杭を郵送したが受取拒絶されたと綴っている)。

なお、活貧党は「日本極右勢力を打倒するため、近いうちに日本を訪問し、東京中心部で強い反日闘争を展開する予定」とも報じられている。

【関連記事】
‘少女像テロ’日本人、検察にも杭を送る
【韓国ニュース】日本大使館トラック突入事件の容疑者が日本人活動家に“公開提案”
【取材日記】日本の杭と韓国の下駄

【関連情報】
活貧党‘ドイツを見習え’と刻まれた下駄を日総理官邸へ発送(NEW1<韓国語>)