リゾート地”セブ島”で、ネーティブ講師の授業を受けられる英語学校オープン

写真拡大

人材教育や求人広告を行っているフォースは、パチンコ業界に特化した広告制作などをおこなっているゲンダイエージェンシーと、フィリピンのホテルであるマリバゴ・ブルーウォーター・リゾートと業務提携し、フィリピン セブ島に日本人向けの英語学校「マリバゴ・ランゲージ・スクール」を4月にオープンした。

同学校は、海外進出を目指す企業や、ビジネスマン向けの短期留学学校。

働く人の英語学習と海外進出を目指すグローバルな人材の育成を支援する。

留学前の目標設定から留学後の振り返りまでをサポートし、ビジネスで使える英語力を身につけるだけでなく、自主的に行動するための動機形成を醸成するという。

英語が公用語として使われるフィリピン セブ島で、ネーティブ講師の授業が受けられるだけでなく、現地のリゾートホテル会社と提携し、安全面に配慮した環境になっている。

また、大型プール、体育館、テニスコート、トレーニングジムが施設エリア内に併設されているとのこと。

「エグゼクティヴリゾートコース」では、「マリバゴ・ランゲージ・スクール」パートナーホテルの部屋に滞在し、ホテル内のレッスン室で授業を受けることができる。

オールワンツーワン授業で、料金は55,000円から(宿泊費・食事代別)。

「ファミリーリゾートコース」は、家族で滞在し、レッスンを受けるコース。

ワンツーワン授業とグループ授業で、時間配分は子どもの年齢やレベルに合わせて構成されるという。

料金は50,000円から(宿泊費・食事代別)。

そのほか、日常会話を中心に、毎日6時間を基本とした短期集中コース「スタンダードコース」(87,000円から)や、毎日8時間を基本とした短期集中コース「ビジネスコース」(90,000円から)、大学在学生までを対象とした、「学生コース」(85,000円から)などのコースも準備されている(いずれも授業料、寮費、1日3食の食事代込み)。

なお、詳細は同学校公式ホームページを参照のこと。