年齢とともに現れる、女性の「髪の変化」にアプローチするシャンプー登場

写真拡大

オリジナルのエイジングケア商品を展開するアンファーは10月23日、頭皮ケアシャンプー「スカルプD」シリーズから、「スカルプD 薬用エメ シャンプー」と「スカルプD 薬用エメ パックコンディショナー」を、同社ウェブストア、一部ショッピングサイト、店頭で発売する。

価格は3,800円(350ml)。

同商品は、頭皮ケアだけでなく、パサつき・うねりなどのダメージや、年齢を重ねた髪に現れる「髪の変化」にアプローチする。

保湿効果があるイソフラボンを含んだ「豆乳発酵液」を40%配合。

同社独自技術で開発した「豆乳発酵液」は、一般的な「豆乳」と比べ約90倍のイソフラボンを含んでいるという。

保湿効果のある乳酸の含有量も高く、乾燥しがちな頭皮や、パサつく毛先をケアすることができる。

また、余分な汚れは落とし、必要なうるおいは残す洗浄機能”バランスキープウォッシュ”を持つ洗浄成分を独自に処方。

生活習慣の乱れやストレス、毎月の変化など、日々状態の変わる女性の頭皮を、きめ細かで弾力のある泡が洗い上げる。

なお、頭皮のことを考え、ノンシリコンだけでなく「パラベン」(防腐剤)や「石油系界面活性剤」などを使用しないピュアフリー処方となっている。

一般発売に先駆け、10月9日より同社ウェブストアで先行販売されるとのこと。