Webサービスで利用可、プリペイド式電子マネー『ビットキャッシュカード』

写真拡大

ティーガイア、日本ユニシスおよびビットキャッシュは24日、プリペイドカード形式の電子マネー「ビットキャッシュカード」の販売をティーガイアが運営する携帯電話ショップなどにて順次開始した。

「ビットキャッシュカード」は、オンラインゲームをはじめ、動画や音楽のダウンロード、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)など、様々なWebサービスにおいて利用可能なサーバー管理型電子マネー。

ひらがな16文字のIDを使用し、高度なセキュリティと利便性を実現しているという。

個人情報を入力する必要がないため、サイト上での決済を匿名で行うことができる。

今回発売する「ビットキャッシュカード」は、5,000円、1万円、2万円の3種類(いずれも税込)。

販売は、ティーガイアの直営携帯販売店、およびティーガイアと日本ユニシスが提供する「ギフトカードモール」となる。

「ギフトカードモール」では、店舗のレジで入金処理をすることで利用可能な新方式のギフトカードを販売。

これにより、偽造や盗難のリスクをなくすことができるとともに、店舗では仕入れや棚卸しの必要がないため、「省スペースでの販売が可能になる」(両社)としている。