吸入薬の服薬指導は「薬剤師に依頼する」と6割以上の医師が回答

写真拡大

医師コミュニティーサイト「MedPeer」を運営するメドピアは、「吸入薬の服薬指導」に関する調査を実施した。

調査期間は8月8日〜8月14日、有効回答数は775件。

「吸入薬の服薬指導は誰が行っていますか?」という質問に対して、64%が「薬剤師」と回答した。

「時間がないので薬剤師に頼んでいる」というコメントが多く、簡単な説明だけ医師が行い、詳しくは薬剤師に依頼するという形もあれば、「薬剤師にまかせっきり」という声もある。

「医師」が行うと回答した人は19%。

「自分で指導するのが一番効果がある」、「処方する医師が説明指導するほうが患者の信頼が得られる」、「見本を診察室に用意して自分で説明する」というコメントがあった。

「看護師(服薬指導の依頼を行う)」と回答した人は9%で、「ベテランの看護師さんにお願いしている」、「看護師の重要な業務の一つ」といったコメントがあげられている。

また、「隣の処置室で、1回分を吸入していってもらう」というケースも見られた。